時代にあった経営体質に変化させよう!その方法とは

いつどの時代でも、最後まで生き残る事ができるのは変化に対応できるモノです。これは企業経営にも同じ事が言えます。
今回は経営体質を変化させる重要性について解説させていただきます。

時代を正しく捉えましょう

経営体質を変化させるためには、現状把握が最も重要です。
それもある一点だけではなく、広い視野で時代を捉えることが重要です。
今はどんなものが流行で、今後どう変わっていきそうか、このような事に経営者は常にアンテナをはっておかなければなりません。
現代は、スピード経営の時代とも言えます。
インターネットやスマートフォンの登場により、いつでもどこでも情報にアクセスできるようになり、国境すらも気にならないほどになりました。
これにより以前は大きな障壁となっていた物理的距離が取っ払われ、あらゆる業種業態のスピードが上がったと言えます。
つまり、経営もそのスピードに合わせる必要があり、意思決定や変化のスピードをあげなければならないのです。
しかし、多くの企業ではまだこの変化に対応しきれていないのが現状でしょう。その背景には経営者の高齢化や、日本が島国である事により世界の変化スピードを体感しにくいということがあります。
しかし、変化はすでに起こっており、気づいたときには手遅れのような状態も実際に起きています。
近年、日本でも有数の大手企業が軒並み業績を落としています。買収されてしまったような企業まであります。
これらには多くの要因がありますが、その中でも古い経営体質だったことが大きな要因の一つでしょう。
このように経営体質の変化は非常に大切なのです。

経営体質はどのように変化させるべきか?

では、どのように経営体質を変化させるべきでしょうか。
答えは、先ほども触れたようにスピード経営に対応できる体質です。
スピード経営を行うためには、意思決定が早いこと、できる限り身軽であること、現金があることが重要です。
現金があることの重要性を少し説明しておくと、変化に対応するためにはそれなりの投資が必要なため、その際の投資原資を常に確保しておく必要があるということです。
意思決定を早くするためには、全てを経営者判断していては遅いですから、権限譲渡を積極的に行う必要がありますし、身軽にするためには、社員の生産性をあげたり、仕入れ方法を見直したりなどを行います。現金を増やすためには、売上ではなく営業利益もしくは経常利益を意識した経営スタイルにならなければなりません。

このように時代とともに最適の経営スタイルは変わるものです。
しかし、1日で変化に対応はできないため、日々の経営判断の中で少しづつ変化させていく必要があるのです。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

介護の現場/経営者が介護職への理解がない... 介護現場で主役になるのは利用者、そして介護職員です。人と人との関係で構成されるため、良い介護を提供し...
簡単に法人設立ができるようになった新会社法とは?... 様々な改正により会社設立が容易に これまで会社の規定は、商法、商法特例法、有限会社法と定めが分けら...
万が一に備えて知って起きたい会社清算にかかるコストとは?... 会社は設立した時だけでなく、消滅させる時にも手続きが必要です。 後継者の不在などから実際に会社の消...
営業生産性を向上させるためにIT活用で情報武装をしよう... 会社の営業成績がイマイチ伸び悩んでいる、もしくは右肩下がりになってしまっているという経営者の方が多い...
従業員の福利厚生を充実させよう!退職金の準備について... 従業員にとっては最終目標にもなる退職金の存在 企業が社員など従業員を大切にしているかどうかの目安は...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る