経営に関するリスク/企業買収・合併・吸収の失敗

従来ではM&Aを仲介する市場は大口取引が中心でしたが、近年では中小企業の合併や買収など、M&Aの機会が増えていると言われています。
しかし潜在的な意識なども含めたニーズの多さには実際のところ追いつけていない状況で、市場は発展途上段階であると言えるでしょう。
どのような仲介者と接点を持てばよいか知る手段がないことから、最初に接触した仲介会社や担当者の当たりはずれによって理想的な結果に向かわないといったことも考えられます。


わけのわからないまま話が進むと失敗する
仲介者に依頼し、売り手がすぐに見つかったけれどどのような情報について確認しておくべきかわからないまま話が進み、希望する優先順位は何か不明確なまま契約をしてしまったり、報酬が過剰に発生したりといったケースもあるようです。
妥当な売却価格、そして何を基準にして判断していけば良いのか、スケジュールの立て方、そしてどのようなリスクを回避すべきかなど、様々な部分で理解しておかなければ失敗に終わる可能性があります。
どの仲介者に依頼するかが重要
M&Aの成否は相当に仲介者の力量や良心に委ねられているとも考えられます。なぜなら仲介者が売買成立を優先させた場合には、売り手側と買い手側、両者のネガティブ情報が通知されないということも考えられるからです。
また、売り手側や買い手側のどちらか一方にだけ有利な状況であるなど、どこまで仲介者を信用して良いかわからず不安を抱えたまま売買が成立するかもしれないとも考えられます。
法律や会計財務についてあまり詳しくないオーナーに対して、新たな資金の入れ方や議決権などのメリットやデメリットがしっかりと説明されないまま話をまとめるような形で進めることも可能です。
しかし企業のM&Aはやり直すことができませんので、実行するタイミングや買収条件などは重要です。タイミングの誤りや条件の見落としなどで、その後の企業成長の妨げにならないように、しっかりと内容を確認することが重要だと言えるでしょう。
抑えておきたいM&Aが失敗する3つの原因
仲介者が原因でなく、企業側の原因でM&Aが失敗してしまう原因も理解しておく必要があります。

・買収先を過大評価してしまうこと
企業価値を判断する際に、数字には出てこない営業権やシナジー効果に対して過剰な期待を寄せたことにより一定の効果しか得られないというケースです。高額の買収費に充てるにはとても届かなかったということのないように、数字では見えない価値は慎重に評価しましょう。

・戦略的視点の甘さ
M&Aそのものが目的となってしまっては、シナジー効果や事業展開などの戦略はおかまいなしの状況になってしまいます。買収した資産も事業も活かしきれないことで失敗するというケースです。経営戦略を立てた上でそれに沿ったM&Aを実行することが重要だと言えるでしょう。

・統合そのものの失敗
買収先との統合不良が原因により、期待していたシナジー効果が得らないというケースです。
希望通りの事業継続のために
せっかく事業を継続させるために実行したM&Aが失敗に終わると、それまでの時間や手間、そして築き上げてきた企業の存続の意味がなくなってしまいます。依頼する仲介者の選択、実行のタイミングや目的など、見誤らないことが重要だと言えるでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

消費者団体訴訟制度の関係法令が企業法務に与える影響とは?... 消費者裁判手続特例法をご存知でしょうか? 経営者であれば、言葉くらいは知っておくべきことですが、関...
法人税を節税するために行いたい対策とは...   法人税とは 企業が経営を行う上で必要になる節税対策を計画的に行うことは、事業の維持...
介護の現場/サービス残業問題... 介護ビジネスは売上に比例してそれに対する費用も高くなる傾向があるため、要介護者が増えて売上が上がって...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(相続)... 会社経営者が亡くなった時、保有する自社株の相続税評価額が高くなって財産の大部分が自社株になるケースも...
海外展開する際は必ず取引先の与信チェックを行いましょう... 日本国内の市場成熟による売り上げの低迷や、インフラ整備による海外展開のハードルが下がったことにより日...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る