経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(重大疾病)

現在経営が経営者の信用、そしてと手腕で成り立っているなら、取引先や金融機関が信用を判断するための材料であり、基準となっています。
もしも経営者が療養やリハビリなどで長期間会社を離れることになれば、取引条件が変更することを要求されるなどで売上に影響する可能性が出てくるかもしれません。
仮に経営者が復帰できたとしても、当面は経営が安定しないことで資金繰り悪化や借入金返済、買掛金や手形決済などの負担が重くなってしまうことが予測されます。


保険で備える方法も検討が必要
経営者が重大疾病(がん、急性心筋梗塞、脳卒中)を患った際、一時的に不在になることでの運転資金、退職による借入金返済資金が必要になることがあります。
このようなケースに備えて、「重大疾病保障保険(特定疾病保障保険)」などで事前に備えておくことを検討しておくことも必要です。
重大疾病保障保険(特定疾病補償保険)とは
三大疾病で所定の状態になった場合、保険金を受取ることができる保険です。
がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中を患った際に備える保険なので、経営者を被保険者にして加入しておくとこれら三大疾病にかかり所定の状態を満たした場合、もしくは死亡や高度障害状態になったことで保険金を受取ることができます。
また、重大疾病保障定期保険であれば特定疾病保険金を受取らずに亡くなった場合でも死亡保険金が支払われます。

●高度障害状態とは
身体的に深刻な状態になった時で、例えば両目の視力を失った場合や、言語・そしゃく機能を失った時、両手の機能を失った時などが対象になります。

●所定の状態とは
がん(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中にかかった時に対する保障なので、入院の長期化や入院退院を繰り返す時などの治療費を保険金でカバーすることができます。
ただしただ三大疾病を患っただけで保険金は支払われません。生命保険会社の設けている「所定の状態」の基準を満たすことが条件になっていますので、どのような状態なのかを知っておきましょう。
保険会社に異なる部分はありますが、一般的な所定の状態とは次のとおりです。

・がん
責任開始期以後に初めてがんと医師によって診断確定された時です。

・急性心筋梗塞
急性心筋梗塞を発病して医師の診療を受けた日から60日以上、労働制限が必要な状態が継続した時です。

・脳卒中
脳血管疾患のうち、くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞を発病し、医師の診療を受けた日から60日以上言語障害・運動失調・麻痺など所定の後遺症が継続した時です。
リスクに合う保障内容の確保を
特定疾病保障保険は、単独契約か、他の生命保険に特約として付帯するかなど方法はいくつかあります。
また、保障が一生涯続く終身型、一定期間のみの定期型などもありますので、保険料などと併せて検討することが必要です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

健康経営/健康管理を怠った場合の企業リスク... 企業は従業員を雇う以上、健康維持ができる労働環境を整備していくことが必要です。従業員の健康管理を積極...
労災事故を防ぐ!事業場が守るべき「労働安全衛生法」とは?... 労働安全衛生法とは? 職場での労働者の健康と安全を確保するために職場環境を快適に形成することを促進...
株主代表訴訟はどのくらい費用が必要?過去に起きた事例は?... 取締役が違法行為を行ったことによって会社が損害を受けた場合、会社はその取締役に損害賠償を請求すること...
AIの進化で中小企業はどうなる... 近年ではAIの発展がめざましくなり、多くのメディアで取りあげられて注目されています。 現時点では新...
働き方改革における職場環境の改善に必要な視点とは?... 働き方改革における職場環境が今多くの企業で求められています。 しかし、実際どのように取り組んでいい...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る