役員賠償

法務リスク

会社役員個人に対して訴訟になるケースは3つのパターン

役員が果たすべき義務に違反して会社に損害を生じさせた場合、その損害を賠償する責任を負うことになります。 役員が果たすべき義務には、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などがありますが、これらの義務違反で生じた損害については、それぞれ直接...
法務リスク

役員個人に賠償請求!個人資産が標的に。

自社や第三者に損害が生じた場合、会社役員個人が株主等から損害賠償請求を受けるケースもあります。 そのため役員は法令遵守だけでなく、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などに違反しないことも大切です。
事業運営リスク

会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業を継続できなくなる可能性も否定できません。 工場や事務所が倒壊してしまえば、再建までに日数や費用がかかり、その間は休業せざるを得ない状...
法務リスク

会社が倒産した時の代表者や取締役の法的責任は?

一般的に倒産と呼ばれるものの手続きには様々な方法がありますが、その中で破産という手続きを会社が行った場合、代表者や取締役は会社の負債について法的責任を負うことはありません。 ただし会社の債務について連帯保証をしている場合は別です。この...
事業運営リスク

経営者の放漫経営で倒産した場合に社員は訴えることが可能?

例えば経営が面倒になってしまった会社の経営者が、このまま会社を続けても仕方がないのでいっそ潰してしまおうと、会社の資金の大半を私的流用して破産したとします。 もしもこの時雇用している従業員がいた場合には、当然その従業員は職を失うことになる...