生命保険の受取り金には税金がかかるのか?

生命保険はいざという時に、経済的な支えになりますから加入しておくと心強いですよね。
現在は未加入だという方も、今後検討している人は多いでしょう。
ところで、受取り金も税金の対象になるということを、ご存知でしょうか?
今回は、受取り金と税金の関係についてご説明したいと思います。

税金の対象となる受取り金~その種類は意外とバリエーション豊富~

生命保険の受取り金にも、様々な種類があります。
例えば、死亡時に受け取れるお金もありますし、入院した時に受け取れるお金がありますよね。
中には、あまり聞きなれない保障に対して、受け取れるお金もあるでしょう。

まずは、対象となる受取り金について、何があるのかご紹介します。
税金の対象となり得る種類は、満期保険金解約返戻金死亡保険金と言った内容が挙げられます。
これらのお金の共通点は、一度にまとまった大きな金額が手に入るという点にあるでしょう。
特に、死亡保険金の内容は、誰でも必ず見ていますよね。

その一方で、上記以外の受取り金に関しては、基本的に課税の対象になりませんからご安心下さい。
近年は、給付金の種類も豊富になっていますから、どこまでの範囲で対象になるのかはちょっと分かりづらいかもしれません。
そのため、不安な人は担当者に確認しながら、手続きを進めていくと良いでしょう。

私たちは、もらえる分は嬉しいですが、その一方で課税がされるとなると、やはり身構えてしまいますよね。
対象となる受取り金が分かると、これからの保険の説明の聞き方も違ってくるかもしれないでしょう。

一番のポイントは”受取人“を誰にするのか?

課税対象となる受取り金があるのが分かると、次はどのような税金の対象となるのかが気になりますよね。
対象となるのは、相続等に関わる場面の内容になりますから、難しいと思ってしまう人もいるかもしれません。

主に、所得税、相続税、贈与税といった税金の対象になるのですが、どの種類に該当するのかは人によって違うことを知っているでしょうか?
いずれも、高額な納付が予想される内容になりますよね。
そのポイントは、受取人にあります。

基本的に受取人は、契約した本人に限定されませんよね。
みなさんの中には、今後のことを考えて、例えば自分の子ども等、親族を受取人にしているという場合もあるかもしれません。
意外と、誰に設定するのかは、重要なことになりますよね。
すると、受取人で想定されるパターンは、多くて3パターン登場することが理解できるでしょう。

また、保険の契約時の形態によっては、課税される税額を抑えることができることを聞いたことはありませんか?
課税対象がどのくらいになるのかは、意外とその時になってみないと分からないと思っている人が多いかもしれません。
節税のポイントにもなりますから、結構話題になりやすい部分になりますよね。
上記の内容を早い段階で考えられると、みなさんにとってより賢い選択ができるでしょう。

これらのお金は、大きな金額でありつつ、金銭の移動が確実に行われるであろうものになりますよね。
そのため、他の給付金と比べた時に、課税の対象になることにも頷けるでしょう。
現状の保障をしっかりさせるのは大事ですが、残された家族のことを考えることもとても大切です。
特に、大きな金額の場合は、どこまで残してあげられるかを考えてあげるのは、現代的な悩みでもあると言えるでしょう。

保障だけでなく、節税の部分にまで気を配っておくことは、意外と大切だということが分かって頂けたかと思います。
これから保険を見直しする場合は、将来のことを考えた相談をしてみるのも良いかもしれませんね。
お金のことはトラブルになりやすいですから、家族で相談するきっかけにしてみても良いでしょう。

参考URLライフネット生命
(https://www.lifenet-seimei.co.jp/about_insurance/tax/)

まとめ

本記事では、受取り金と税金の関係について解説しました。
それらを知った上で、今の保険を見直す機会になればと思います。
契約時の設定で問題ない人もいれば、一度見直した方が良い人もいるでしょう。
税金に関して後日知ったという場合、各種手続きで苦労する事が多いかもしれません。
現在、給付金のバリエーションが増えていますが、種類の多さだけで判断するのではなく、税金についても考慮した上で契約することをお勧めします。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る