ソーシャルリスニングの重要な意味

企業戦略において、昨今はインターネットの影響力を無視するわけにはいきません。
そこで、特に重要となっているのがソーシャルリスニングです。
ソーシャルリスニングというのはどういったものでしょうか?
また、なぜ重要なのか、どう活用するべきか、といった点もあわせて紹介します。

ソーシャルリスニングはなぜ重要なのか?

ソーシャルリスニングというのは、SNSなどのソーシャルメディアからユーザーの本音を収集して、その内容を分析することでマーケティングへと活用することです。
アンケートのように決まった項目があるものではないため、幅広い意見を集めるのに役立ちます。

これは、ユーザーが自ら積極的に意見を発しているという点で、他の人もその意見を参考にしやすいため重要なものです。
企業が発信している意見は疑わしくても、自主的に発している意見ですから本音として受け取られるでしょう。

また、企業から求められるのではなく、ユーザーが自主的に意見を発するということは、ユーザーと企業が同等の力関係を有しているということを示しています。
その点から考えても、やはりユーザーの意見を取り入れることは重要となるでしょう。

ユーザーの意見を知りたい場合、これまでであれば企業が調査をするため、インターネット上や街頭アンケート、もしくは郵送による回答などが一般的な方法でした。
しかし、その場合は設問があるため、一定の範囲でしか回答を得られませんでした。
また、その意見が届くまで時間がかかるという点もネックです。

しかし、SNSなどを利用した場合は、リアルタイムで意見を得ることができるため、すぐに対策を測ることができます。
こうした理由により、ソーシャルリスニングは重要となります。

ソーシャルリスニングを活用するために

ソーシャルリスニングは、ただ収集するだけでは意味がありません。
ソーシャルリスニングを活用するためのコツとしては、どういった点が考えられるでしょうか?

まず、ソーシャルリスニングを活用するためには、あらかじめ目標などを決めておく必要があります。
何のために提供している商品なのかがハッキリしていなければ、その商品に対する評価を集めて分析しても、それが狙い通りなのか、それとも狙いとは異なるものなのかがわからなくなります。

目的を決める際は、その商品に対して求められる改善点、価格に対しての満足度、広告におけるその商品の位置づけ、売り上げを増やすために商品を販売する場所、という、いわゆるプロダクト、プライス、プロモーション、プレイスの4Pを決め、それに基づいて戦略を建てましょう。

また、リサーチする対象についても絞る必要があります。
情報を集める際は、雑多な情報ではなくなるべく質の高い情報を見つけて集める必要があります。
そのためには、情報源をしっかりと選ばなくてはいけません。

対象を選ぶポイントは、興味がある情報が含まれていることや、情報にノイズが少ないこと、タイムリーな話題があること、そして何より情報に信頼がおけることです。
目的に応じて活用するべき情報源が異なるので、慎重に選ぶかもしくは複数を組み合わせて情報を見つけましょう。

ソーシャルリスニングを活用することで、自社に対するイメージやユーザーのニーズ、広告などの効果、業界全体の動向などを知ることができます。
マーケティング戦略として、積極的に活用しましょう。

まとめ

現在、ソーシャルリスニングは企業の情報源として重要な役割があります。
しっかりと意味を理解して活用できると、マーケティング戦略は大きな影響をもたらすでしょう。
情報はなるべく多く集めて分析し、その後の商品開発などに活かされます。
ユーザーが商品を使った感想など、本音の意見を聞くことができるため、アンケートなどと比較してもより詳しい意見が集まります。
今後のマーケティング戦略には、是非ソーシャルリスニングを重視していきましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

万が一個人情報を漏洩してしまった場合企業は取るべき対応とは?... ITの発達により情報社会は日々進化しており、企業が持つ個人情報の数も非常に多くなっています。これによ...
損益だけでなく、キャッシュフローを意識した経営がなぜ必要か?... キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針...
陸上貨物運送事業の事故は荷役中に多く発生する?... 労働災害は色々な事業や業種での作業に伴って発生します。陸上貨物運送事業における作業には荷役がつきもの...
税金対策と保険/利益の繰り延べを考える!... 法人の節税として、半分損金計上できる保険への加入を検討している企業もあるでしょう。しかしよくよく考え...
気になる消費生活用製品安全法を正しく知りましょう!... 製造業や小売業において製造や販売を行うにあたり守るべき法律が多くあります。今回はその中でも重要消費生...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る