ソーシャルリスニングの重要な意味

企業戦略において、昨今はインターネットの影響力を無視するわけにはいきません。
そこで、特に重要となっているのがソーシャルリスニングです。
ソーシャルリスニングというのはどういったものでしょうか?
また、なぜ重要なのか、どう活用するべきか、といった点もあわせて紹介します。

ソーシャルリスニングはなぜ重要なのか?

ソーシャルリスニングというのは、SNSなどのソーシャルメディアからユーザーの本音を収集して、その内容を分析することでマーケティングへと活用することです。
アンケートのように決まった項目があるものではないため、幅広い意見を集めるのに役立ちます。

これは、ユーザーが自ら積極的に意見を発しているという点で、他の人もその意見を参考にしやすいため重要なものです。
企業が発信している意見は疑わしくても、自主的に発している意見ですから本音として受け取られるでしょう。

また、企業から求められるのではなく、ユーザーが自主的に意見を発するということは、ユーザーと企業が同等の力関係を有しているということを示しています。
その点から考えても、やはりユーザーの意見を取り入れることは重要となるでしょう。

ユーザーの意見を知りたい場合、これまでであれば企業が調査をするため、インターネット上や街頭アンケート、もしくは郵送による回答などが一般的な方法でした。
しかし、その場合は設問があるため、一定の範囲でしか回答を得られませんでした。
また、その意見が届くまで時間がかかるという点もネックです。

しかし、SNSなどを利用した場合は、リアルタイムで意見を得ることができるため、すぐに対策を測ることができます。
こうした理由により、ソーシャルリスニングは重要となります。

ソーシャルリスニングを活用するために

ソーシャルリスニングは、ただ収集するだけでは意味がありません。
ソーシャルリスニングを活用するためのコツとしては、どういった点が考えられるでしょうか?

まず、ソーシャルリスニングを活用するためには、あらかじめ目標などを決めておく必要があります。
何のために提供している商品なのかがハッキリしていなければ、その商品に対する評価を集めて分析しても、それが狙い通りなのか、それとも狙いとは異なるものなのかがわからなくなります。

目的を決める際は、その商品に対して求められる改善点、価格に対しての満足度、広告におけるその商品の位置づけ、売り上げを増やすために商品を販売する場所、という、いわゆるプロダクト、プライス、プロモーション、プレイスの4Pを決め、それに基づいて戦略を建てましょう。

また、リサーチする対象についても絞る必要があります。
情報を集める際は、雑多な情報ではなくなるべく質の高い情報を見つけて集める必要があります。
そのためには、情報源をしっかりと選ばなくてはいけません。

対象を選ぶポイントは、興味がある情報が含まれていることや、情報にノイズが少ないこと、タイムリーな話題があること、そして何より情報に信頼がおけることです。
目的に応じて活用するべき情報源が異なるので、慎重に選ぶかもしくは複数を組み合わせて情報を見つけましょう。

ソーシャルリスニングを活用することで、自社に対するイメージやユーザーのニーズ、広告などの効果、業界全体の動向などを知ることができます。
マーケティング戦略として、積極的に活用しましょう。

まとめ

現在、ソーシャルリスニングは企業の情報源として重要な役割があります。
しっかりと意味を理解して活用できると、マーケティング戦略は大きな影響をもたらすでしょう。
情報はなるべく多く集めて分析し、その後の商品開発などに活かされます。
ユーザーが商品を使った感想など、本音の意見を聞くことができるため、アンケートなどと比較してもより詳しい意見が集まります。
今後のマーケティング戦略には、是非ソーシャルリスニングを重視していきましょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る