マイナンバー制度で個人番号カードと保険証が一体化?

2016年からマイナンバーの通知が開始されましたが、通知カードと一緒に申請可能な個人番号カードに健康保険証の機能も付加することを厚生労働省が検討しているようです。

もしも個人番号カードと健康保険証が一緒になったら?

政府が検討している健康保険証機能を個人番号カードに追加することが実現した場合、個人番号カードの利便性は高まり医療分野においても活用されることになります。

ただしプライバシー保護という観点から見た場合、やはり健康保険証の機能を追加することは危険性が高いと反対する声もあがっているようです。

反対しているのは日本医師会?

日本医師会では個人番号カードの券面には個人番号が記載されていることで医療機関を受診する患者のプライバシーが保護されにくくなること、そして安心面という部分が阻害されることからも単純に容認できないと意思を表明しています。

もしも本当に個人番号カードと健康保険証が一体化するのであれば、マイナンバーとは別の医療等IDなどの導入の必要性があるということが日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会の意見です。

医療等IDが別で必要とされる理由

マイナンバー制度は生涯変わることのない番号のため、過去から現在まで患った疾患や治療まで紐付けされてしまう可能性があります。

そのようなことから日本医師会等では医療等IDの必要性を訴えています。

さらに医療等IDを必要とする場合には、病歴の消去や管理番号の変更、管理番号の使い分けなど担保されるための議論も必要だとのことです。

情報漏洩のリスク

個人番号カードを保険証として医療機関に提出することにより高まるリスクに情報漏洩リスクがあげられます。

カルテなどにマイナンバーが記載されることになれば、医療機関にもマイナンバー対応についての費用負担も強いることになるでしょう。

漏洩した情報に対する損害の大きさ

もしも中毒関連の病歴の過去や事件に巻き込まれた時のケガなどがマイナンバー流出によって他人に知られてしまった場合、ただの個人情報の流出では済まされることなく大きな損害となる可能性があります。

流出させた側だけでなく、流出された側の精神的ダメージは計り知れないものとなり回復不可能なものとなる可能性が高いと言えるでしょう。

一体化する利便性を取るのか情報保護を取るのか

個人番号カードと健康保険証が一体化すれば確かに利便性は高まるでしょう。

しかし過去の病歴などが明るみに出る可能性があるため、個人情報流出という危険性だけでなくその内容もかなりデリケートな部分であることを忘れてはいけません。

今後政府がどのように対応して行くのかが注目される部分ですが、もしも本当に一体化した場合に企業としても管理方法などを検討していく必要性が高まることは間違いないでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業リスクを分類したリスクマネジメントを... 企業を取り巻くリスクは多種多様に存在しています。事故や災害、犯罪による被害、訴訟の提起、制度の改定、...
なぜ会社を大きくするためには従業員満足度が必要になるのか?... 多くの経営者の方は会社を大きくしたいと考えているはずです。 そのために新たなマーケティングや人材採...
リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(製造業)... 日本の製造業は、多様なリスクが同時に、そして複合的に発生しています。 製造業での特有のリスクだけで...
実は本末転倒⁉ペットボトルリサイクルについて... リサイクルは現在、私たちの生活の一部になっています。 細やかな分別は少々手間に感じますが、地球のこ...
運送業:自動運転・ドローンを考える?... 2016年5月に行われた政府の閣議では、トラックやバスの運転手など運輸業界が現在人手不足なことに対し...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る