企業リスクを分類したリスクマネジメントを

企業の経営には、様々なリスクが付いてまわります。
多岐に渡るリスクに対して何ら対策をしないままでいると、いずれそのリスクが対処できない状態となり、経営にも支障が出るようになるでしょう。
まずは企業リスクにどのようなものがあるのかを知り、それらのリスクに対応できるよう備えておきましょう。

企業リスクとは?

企業が抱えるリスクには、様々なものがあります。
例えば、災害や事故もリスクとなりますし、訴訟や犯罪被害などのリスクもあります。
また、事業に関係する制度が改正されるリスクや、株価や為替の変動なども考えられるでしょう。

これ以外にも、数えきれないリスクがありますが、そのすべてのリスクを心配しながら企業経営をするというのはまず不可能です。
それぞれのリスクが生じる可能性を考えながら、優先順位を付けて対応を考える必要があるでしょう。

しかし、リスクが起こる可能性というのはその時々に応じて常に変化していきます。
その変化に対応して、優先順位も変化させていかなくてはならないのです。
こうしたリスクに対して、どう対処していくのかをあらかじめ考えて手を打っておくことをリスクマネジメントといいます。

状況に応じて変化しやすい企業リスクとしては、新技術の開発およびその導入や、制度の変更、高度情報システムの活用、社会の国際化などが考えられます。
その中には、マイナスの要因となる純粋リスクばかりではなく、場合によってはプラスにもなり得る投機的リスクもあります。

これまでのリスクマネジメントでは、主に純粋リスクを対象としていることが多かったのですが、実際には投機的リスクもリスクであることに違いはないので、こちらも含めてリスクマネジメントの対象とするべきでしょう。

純粋リスクと投機的リスク

それでは、純粋リスクと投機的リスクにはどのようなものがあるのでしょうか?
それぞれのリスクに分類される、代表的なリスクについて考えてみましょう。

まず、完全にマイナスといえる純粋リスクに含まれるのは、主に災害などの偶発的な事故、および人為的なミスを要因としたリスクなどが含まれます。
これらのリスクは、損失が生じる機会であり利益にはつながらないという特徴があります。

これに分類されるのは、災害、事故、盗難等によって建物や財産の損失が生じる財産リスクが代表的です。
また、それに伴って事業を継続できなくなるリスクや、収益の減少につながるというリスクが生じることもあります。

他にも、経営者及び従業員が病気、もしくは死亡することによる人的リスクや、人為的ミスから賠償責任が生じてしまうリスクなども純粋リスクに分類されます。
こうした純粋リスクに対するリスクマネジメントを行うのが、最初の段階となるでしょう。

純粋リスクとは異なり、プラスになる一面もある投機的リスクは、主に環境の変化によって生じるリスクが該当します。
このリスクの内容によって、企業は利益を得ることもあれば損失を被ることもあるでしょう。

投機的リスクの代表的なものとしては、景気や金利、為替などの変動によるリスクです。
こうしたリスクには、政権交代や規制緩和など政治面での変動リスクも同時に生じることがあります。

税制や条例などの法的規制が変更されることで生じるリスクや、新技術の登場や特許によって技術的な情勢が変動することで生じるリスクなども、投機的リスクに分類されます。
いずれも、その対応次第でプラスにもなればマイナスにもなり得るでしょう。

投機的リスクは、純粋リスクよりも優先度は低いものの、放置しておいていい物ではありません。
段階的にリスクマネジメントをしていきましょう。

まとめ

企業の経営には様々なリスクが生じるものですが、それらに対処するべくリスクマネジメントはしっかりと考えておく必要があります。
リスクへの対処が不十分だと、企業は大きなダメージを受けることがあるので、純粋リスクはもちろんのこと、プラスになる可能性もある投機的リスクにもしっかりと対処しておきましょう。
そのためには、まずリスクを分類して優先順位を決めるところから始めましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

BCP/新型インフルエンザが起こったら?... もし新型インフルエンザが流行した場合には、経営者の多くはまずは安全な環境で従業員が働けること、顧客か...
社員育成の仕組み化がこれからの企業経営に必要な理由... 会社を大きくするためには従業員数も同時に増やしていかなければならないものです。 しかし、現在の厳し...
企業年金は老後の柱になる?... 従業員の老後に必要な制度になるのか 企業年金は企業が働いてきた従業員に対して年金を支給します。年金...
食品製造業:食品産業のリスク管理を考える... まだ記憶に新しい人もいるかもしれませんが、2014年後半には食品に異物混入した事件が相次ぎメディアや...
倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について... 倒産件数は年々減少している傾向にありますが、以前ほど倒産や破産という言葉を目にすることは少なくなりま...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る