過小資本による倒産とは?何が原因で倒産する?

企業が倒産する原因には様々なものがありますが、その中で資本金が不足したことによる過小資本が原因となって倒産した企業は、全体の約5%です。
過小資本による倒産というのは、具体的に何があって倒産してしまうのでしょうか?
過小資本についてと、その詳しい倒産理由について考えてみましょう。

過小資本とは

会社を設立する際には、資本金を用意しなくてはいけません。
資本金はそのまま起業時の会社の財産となるので、資本金が多ければそれだけ倒産しにくい会社と判断することができるでしょう。

かつて、株式会社を設立する際には最低でも1,000万円を資本金として用意する必要がありました。
しかし、その後資本金は事業を行う上で用意されている金額ではないという事で、最低資本金という制度は撤廃されることとなりました。

そうなると、あまり資金がない人でも自信のあるアイデアを携えて起業することが増えてきたのです。
1円あれば起業できるようになったため、若者であっても起業できるチャンスが増えたと言えるでしょう。

特に企業が増えたのは、パソコン1台あれば仕事ができるIT企業です。
設備投資も必要なく、自分一人でも事業を開始できることから、次々に若者が企業していきました。

さらに、新会社法では最低資本金を撤廃するのと同時に、債権者保護措置というものを設けています。
配当を行うためには純資産が300万円以上となっている必要があり、貸借対照表を公告することを義務としたもので、債権者のリスクを減らすための決まりとなっています。

しかし、資本金というのは会社の体力を示すものなので、それがあまりに少ない場合はわずかな赤字で会社が立ち行かなくなってしまいます。
そのせいで、過小資本になってしまい倒産する企業が続出する事となったのです。

過小資本と倒産

企業は、業務を遂行して収入を得ます。
そこから必要経費などを差し引いた分が利益となりますが、もしも収入よりも支出の方が大きければそれは赤字となり、会社の資産を減らすことになってしまいます。

会社に余剰資金があればそこからマイナス分は支払われますが、余剰資金がない場合は資本金から支払わなくてはいけません。
しかし、マイナスが資本金を上回った場合、会社の資産はマイナスとなってどこかから借りなければいけなくなるでしょう。

このように、資本金不足の状態を過小資本というのですが、この状態になれば企業は倒産ということになるでしょう。
新興企業が良く陥る状態ではありますが、時には起業から何年も経過している中小企業がこの状態となることもあります。

中小企業が過小資本に陥りやすいのは、特に節税をやりすぎた場合です。
税金をできる限り減らしたいと考えている中小企業は多いでしょうが、そのためには支出を増やす必要があります。

支出を増やしてしまうと、それだけ利益が減少することになりますが、自己資本比率が低い状態でそれを行うと資金が外部に流出してしまう事になるので、情勢の変化などで思わぬ損失を被ってしまった時などにはあっという間に過小資本に陥ってしまい、そのまま倒産となることがあるのです。

節税もやりすぎると会社の屋台骨を揺るがす可能性があるので、バランスを考えて行わなくてはいけません。
特に、自己資本比率が低い時には十分に計算して節税しましょう。

まとめ

その企業がどれだけの体力を備えているのかを示すのが資本金ですが、かつては資本金がほとんどなくても起業できるようになったことで簡単に開業できるようになりました。
しかし、マイナスが生じた時に耐えるだけの体力が無かったせいで、あっという間に過小資本となって倒産するケースも少なくはありませんでした。
資本金は後から追加することもできるので、自己資本比率を考えながら必要に応じて資本金を増やしていき、過小資本に陥ることがないように気を付けましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

より良い雇用環境を作るために助成金をうまく活用しよう... 人材確保が厳しい現代において従業員の離職率を下げることや、生産性をアップさせることは非常に重要な取り...
税金対策と保険/決算対策を考える!... 中小企業が決算対策や法人税対策として生命保険を活用するケースがありますが、これは貯蓄性の高い生命保険...
介護離職問題従業員の介護支援制度利用実態... 少子高齢化が進むことでこの先人口は減少していくことが予想され、働き手となる人材も同時に不足することに...
業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要... 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原...
労働基準監督署の調査とは?その流れと方法について...    調査が実施される目的 労働基準監督署が調査を行う目的は、労働基準法等の違反の有無...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る