従業員の健康問題は経営にどう影響するのか?

昨今、企業の経営において注目されているのが、従業員の健康問題です。
なぜ注目を集めているかというと、従業員の健康問題が経営にも影響を及ぼすと言われているからなのですが、これは果たしてどういう意味なのでしょうか?
従業員の健康問題が経営に与える影響について、考えてみましょう。

なぜ、従業員の健康問題が経営に影響するのか?

従業員の健康問題は、どのように経営に影響するのでしょうか?
それを知るためにはまず、従業員が健康面で不安を抱えている場合にどのようなデメリットが生じるのか、という点を考えてみましょう。

ほとんどの人はこれまで、風邪をはじめ、何らかの病気にかかった経験があるでしょう。
病気になると、その病気にもよりますがおおよそ誰でも、健康な時と比較して集中力の欠如や運動能力の低下、または思考能力の鈍化といった影響を受けることになります。

仕事においてこのような状態になると、普段の仕事と比較して業務にあたる際の効率が低下したり、ケアレスミスが増えたりすることが多くなります。
そうなると、1人当たりの生産力が低下することになるでしょう。

一時的なものであれば、その影響は少ないかもしれません。
しかしこれが、生活習慣病など慢性的な病気であった場合は、その症状が改善されるまでには長い時間がかかってしまうこととなるでしょう。

これまでであれば、こうした生産力の低下は従業員の人数でカバーすることが出来たかもしれません。
しかし、社会の変化によってそれが難しくなっています。
その変化とは、団塊の世代の退職と少子化問題です。

第一次ベビーブームといわれた、戦後生まれを指す団塊の世代は、最近まで社会の中核を担い、これまでの社会の発展を支えてきました。
しかし、2010年頃にそのほとんどが定年退職を迎えたことで、日本の労働者人口は一気に減少してしまいました。

そのため、日本における労働者人口は年々減少傾向にあるのですが、それに加えて少子化問題があるため、今後も労働者人口が増える見込みはありません。
となると、これまでと同様の生産性を保つためには、従業員一人一人の生産性を向上させる必要があるのです。

生産性を向上させるために必要となるのは、今よりも仕事の効率を高めることです。
そのため、効率の低下の原因となる従業員の健康問題に注目し、会社がその改善に努めていこうという試みがされるようになってきたのです。

健康経営

会社の業務の一環として、従業員の健康問題に取り組んでいくような経営方法を、健康経営といいます。
この健康経営は欧米で生まれた考え方で、アメリカやイギリスの企業などでは以前から取り組みを始めており、日本でも徐々に広まりつつあります。

日本での取り組みとしては、東京証券取引所と経済産業省が共同で健康経営銘柄を選定し、発表しています。
健康経営銘柄は、経営的な視点から従業員の健康管理に取り組む企業を評価したもので、剪定された銘柄の株価は上昇しやすい傾向にあります。

また、時間外労働や業務内容の改善など、健康経営を目指す企業を対象として厚生労働省から助成金が出されています。
助成金が出されていることで、企業としても健康経営に取り組みやすくなっていくでしょう。

今後、健康経営に取り組む企業と取り組まない企業では、生産性に大きな違いが出てくると予想されます。
そのことが一般的に認知されると、より多くの企業が健康経営に取り組むようになるのではないでしょうか。

まとめ

現在、多くの企業では、以前よりも少ない従業員で業務を行う必要が生じています。
その中で重要となるのは、従業員一人一人の生産性を向上させることです。
従業員の仕事の効率を高めるために、従業員の健康を改善していこうと健康経営に取り組む企業が増えている中、他の企業に先んじて取り組んでいく事は大きなアドバンテージとなるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

大企業だけでない!中小も介護離職を防ぐ対策が必要な理由... これから先、10年経てば日本の65歳以上の高齢者の数は数百万人一気に増えます。団塊世代は75歳以上の...
経営者の高齢化問題!もしも重大疾病で会社が廃業になれば?... 経営者の高齢化は現在大きな社会問題となっております。 しかし、後継者不足から高齢でありながらもまだ...
雇用環境を考える 高齢者の就業促進について... 日系企業の多くは現在人材確保に大きな不安を抱えております。 この記事を読んでいるあなたの企業でも思...
企業が介護支援対策に取り組む必要性が高まっているとご存知ですか?... 日本の社会問題と企業が抱える問題は比較的リンクしやすいものです。 例えば、少子高齢化は企業にとって...
製品の輸送中のリスク 海外取引ではその地域の文化や考え方、そして商習慣など日本とは違った部分が多くある一方で、ビジネスを進...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る