中小企業・小規模事業者が弁護士に寄せられる法律相談は

会社を経営する上で、法律に関わる様々な問題が生じることがあります。
大企業の場合は顧問弁護士がいることも多いのですが、中小企業や小規模事業者の場合はそういった契約を結んでいることは少ないため、問題が生じた際に弁護士へと相談することが多いでしょう。
実際の相談内容としては、どのような件が多いのでしょうか?

弁護士に相談される内容は?

それでは中小企業や小規模事業者が、弁護士へと法律相談をする際はどのような内容が多いのでしょうか?
その内容はいくつかの種類がありますが、その中でも最も多いのは契約や取引についての相談です。

契約というのも、営業上の取引だけではありません。
訪問営業によってリース契約を結んだものの、よく考えたら不要だったために契約解除を申し立てたい場合なども相談されています。
一般家庭であれば、クーリングオフ制度があるので契約の解除は難しくないのですが、事業者間の取引になるとこの制度は適用されないことが多いため、その適用の有無について相談されています。

また、取引については納期に間に合わなかった場合などに、残代金の支払いを拒否された場合の対処などについて相談されています。
納期に遅れた原因などとその対処について確認し、どちらに非があるかを判断していくような相談です。

債権の回収についても、よく相談されているようです。
支払いの必要がないとして支払いを拒否している場合などに、訴訟をした方がいいかどうか、また支払い能力があるのかという判断をしなければいけないのですが、その必要性についての相談などが主な内容です。

事業再建や倒産についても、よく相談が寄せられています。
資金繰りが悪化した際など、事業を継続するかどうかの判断が求められた際に弁護士へと相談して今後の対応を相談しています。
場合によっては、弁護士が適切な専門家を紹介する事もあります。

様々な業種で関わってくるのが、損害賠償請求です。
取引先が契約違反をした場合や、取引上で不備があった場合など、相手に損害賠償を求める際にそれが可能かどうかを相談するケースが多く、その場合は詳しい状況の説明が必要となります。

相談される内容としてはこういったものが多く、中には迅速な対応が求められる場合もあります。

契約書の作成も相談しよう

問題が起こった場合に弁護士へと相談することはありますが、それ以外にも相談することがあります。
契約書の作成などがその代表的なケースです。

契約書を作成する必要があるときに、通常の業務で契約書を使っていない企業であれば最初から作成することになります。
しかし、その契約内容が適切かどうかは、契約書の作成に不慣れな場合は判断しにくい場合があります。

契約書の作成については、弁護士が専門家です。
相談を受けることも多いので、気を付けなければいけないポイントなどは把握しています。
様々な法律についても考慮して、問題がない内容の契約書を作成してくれるでしょう。

契約書というのは、取引の際に何かのトラブルがあった時の判断基準となるものなので、不備があると、いざというときに自分の首を絞めることになりかねません。
そのようなことにならないように、契約書を作成するときはそのひな形を弁護士に作成してもらうようにしましょう。

まとめ

中小企業や小規模事業者の場合、顧問弁護士などと契約していることは少ないので、必要に応じて弁護士へと相談し、依頼することが多いでしょう。
その時の相談内容は様々ですが、問題が起きた時だけに限らず、契約書を作成したい時などに依頼することもあります。
弁護士への依頼は、その必要性と状況を見極めて適切に行いましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

教育の重要性は企業経営においてどれほどあるのか?... 従業員の教育は多くの企業が苦戦している印象です。 しかし、今教育の重要性が存在感を増してきているこ...
老後の経済的リスクを回避する為に、資産運用を考えてみよう... 老後の生活には、2000万円の資金が必要といわれたことから、老後資金に不安を持つ人が増えてきました。...
経営者が認知症になった場合の会社の悲劇... 経営者が高齢化してくると、心配になってくるのが経営者の健康です。 特に、経営者が認知症となってしま...
デジタルリスクへの企業の取り組みを考える。... 今や多くのモノがデジタル化している現在、企業も様々な形でかかわりを持っているでしょう。 しかし、環...
福祉・医療事業:給食による食中毒での賠償問題について... 毎年食中毒の問題は起こることがありますが、小学校の給食でO-157による食中毒も以前起きたことがあり...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る