近未来の働き方は、副業ではなく複業が一般化する!

厚生労働省から発表された「働き方の未来2035」によると、近未来での働き方は副業ではなく複業が一般的になると記されています。
副業であれば意味は分かりますが、複業とはどういう意味なのでしょうか?
ここでは、近未来の働き方として一般的になるであろう、複業について紹介していきます。

近未来の働き方である複業とは?

それではまず、複業というのがどういうものかを紹介します。
副業とは、正規の業務の他に別の業務を受け持つことをいいますが、複業の場合、複数の企業で勤務することを示します。
これはどういうことかというと、どこか一つの企業に帰属するのではなく、複数の企業で立ち上げられている仕事を、プロジェクト単位で就業するということになります。

例えば、A社のプロジェクトにおいてその一端を担う形で参加するのですが、同時にB社のプロジェクトにも同様に参加します。
同じようにC社、D社と参加する形になり、雇用形態は正社員や業務委託など様々ですが、それぞれのプロジェクトから成果給を受け取るという形で勤務するのです。

一応その中でメインとなる会社を決めることになりますが、会社命令での出向とは異なり、それぞれから直接報酬を受け取ることとなります。
いわば会社に籍を置いた状態でのフリーランスのようなものであり、転職してキャリアアップを目指さなくても良くなる他、プロジェクトの成功具合によっては他社からスカウトされることもあるでしょう。
このように、複数の企業で働くことを複業といいます。

複業で働くことのメリットは?

それでは、複業というスタイルで働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?
複業で働くということは、人材を有効に活用することにもつながります。
人材に求められる資質としては専門家としての面が中心となり、プロジェクトではそれぞれの専門家を集めて取り組むということになります。
その結果として、社内の人員ですべてをまかなうよりも高度なプロジェクトとなるでしょう。

また、会社としても社員だけでプロジェクトを企画する場合、通常の業務内容から外れたプロジェクトであれば知識や経験がないため、そういった企画はしにくいものです。
しかし、複業であれば社外からでも人員を集めやすくなるため、様々なプロジェクトに取り組みやすくなります。

社員についても、せっかくこれまで勤めていた人が転職してしまう可能性が低くなり、また必要に応じて人材を確保しやすくなるため、不要な人材を抱えておく必要もなくなります。
その結果、人件費も抑えることができるでしょう。

社員にとっても、これまでであれば万が一、会社が倒産してしまったときには再就職先を探したりする必要が生じますが、複業であれば勤務先の一つが亡くなったというだけなので、それほど困ることも少ないでしょう。

今後の働き方としては、これまでのような終身雇用制度という形はどんどん減っていき、その代わりに時間やスタンス、場所に合わせて自由に仕事を選ぶことができるようになるスタイルが一般化されると思います。

その時に必要とされるのは個人のスキルですので、多くの企業から必要とされるよう、各々がプロ意識をもって仕事に取り組む必要があるでしょう。

まとめ

近未来の働き方としては、これまでのように1つの会社に縛られるのではなく、複数の企業へと並行して勤務するスタイルが一般的となるでしょう。
複業として働くためには、個人の能力が大きく関わります。
そうなった時は、高い能力を持つ人ほど選ばれやすくなると思われるので、そのためにもしっかりと自分の能力を高めておきたいものですね。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営に関するリスク/外国人不法就労... 外国人労働者の数は年々増加傾向にあり、中小や零細などの企業の多くで外国人労働者を雇用するケースが増え...
企業が行うべきマイナンバーへの対応と注意点とは...   マイナンバー制度導入による実施すべき企業の対応 平成28年1月から開始されたマイナ...
BCP/もし地震が起こったら?... BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害や火災、テロ攻撃といった緊急事態に遭遇した時に、損害を最小...
製造業:製造販売した製品トラブル... 製造販売した製品に対するトラブルへの備えとして、例えば身体への障害や財物損壊を伴う第三者への賠償のた...
経営に関するリスク/プライバシー侵害... 私生活上の事柄に対して、みだりに公開されない法的な権利と保障を「プライバシー権」といいます。 プラ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る