近未来の働き方、時間と場所にとらわれない働き方とは?

近未来の働き方のモデルケースのひとつとして、時間と場所にとらわれない働き方というのが検討されています。
それは具体的にどのような働き方なのでしょうか?
また、時間や場所にとらわれず働くことにはどういった利点があるのでしょうか?
近未来の働き方として、時間と場所にとらわれない働き方について紹介していきます。

時間と場所にとらわれない近未来の働き方とは?

それでは、近未来における「時間や場所にとらわれない働き方」というのは、具体的にどのような働き方となるのか、ご説明しましょう。

現在の働き方として最も一般的なパターンは、決まった時間に会社へ出勤し、仕事をして時間になったら退社して帰る、というものですよね。
その中で、最近増えているのが「テレワーク」という働き方です。

テレワークはノマドワーク、モバイルワークとも呼ばれますが、会社に出勤せずに自宅、もしくは外出先などオフィス以外で仕事をするというスタイルです。
仕事に関する指示などはネットワークを介して行われるため、働く時間については比較的自分で自由に選ぶことができます。

このように現在でも時間や場所にとらわれない働き方があるのですが、近未来ではその働き方を選ぶ企業が増え、一般的になるといわれています。
そのために活用されるのがVRやAIといった技術です。

例えば、現在はネットワーク上の会議にウェブカメラやテレビ電話などが使われていますが、VR技術を利用して仮想空間の会議室に参加者が集まることで、直接話し合うのと変わらない感覚で会議ができるようになると考えられています。
また、仕事上でサポートが必要な場合には、AIがそのサポートを行ってくれるようになるので、よりスムーズに仕事が進むようになるでしょう。

もちろん完全に出勤しない、というのは不安もあるため、最低でも毎月数日は直接出勤する必要があるでしょう。
しかし、それ以外の時間については自分の好きな場所で時間にとらわれず自由に働けるようになります。
そうなれば、これまでよりも合理的な仕事ができるのではないでしょうか。

場所や時間にとらわれないことの具体的メリットは?

それでは、場所や時間にとらわれずに働くことで、具体的にどのようなメリットが生じるのでしょうか?

最も身近なメリットとしては、通勤時間が無くなるという利点があるでしょう。
特に都心部などでは、東京の会社に出勤するために千葉や埼玉などから通っている人も少なくありません。
通勤でゆうに1時間以上費やしている場合もあるのです。
また、通勤時は満員電車に乗ることとなるため、不快な思いをしている人も多いでしょう。
このような通勤時間がなくなり、満員電車から解放されるというだけでも大きなメリットといえるでしょう。

また、例えば育児や介護のために離職しなければばらない現状を打破する事も可能です。
仕事が自宅でできるようになると時間的制約も少ないですよね。
すると離職する必要も少なくなるため、後日再就職先を探す必要がなくなりますし、企業としても人材を失うリスクが減ります。

オフィスも、全社員分の机を用意する必要がなくなるので、例えばワークスペース、談話スペース、会議スペース、個室といった用途に合わせたスペースを用意し、必要に応じてそれらを利用するようなスタイルが実現可能になるでしょう。
合理的で無駄のないスペースが活用できるようになれば、お互いにとって利点ですよね。

このように、時間と場所にとらわれない働き方は、社員だけではなく企業としてもメリットがあるため、近未来においては普及が進んでいくのではないでしょうか。

まとめ

近未来における、時間と場所にとらわれない働き方というのは、技術革新によって出勤しなくても自分の好きな場所で働けるようになる、ということです。

たとえ会社が東京にあっても、社員は北海道や沖縄に住んだままで問題ありません。
また、会社としてもそのスペースを合理的に設計することができ、必要なスペースを少ない面積で確保できるようになります。
今後、時間を有効に使える働き方として普及していくのではないでしょうか。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  10. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る