情報処理サービス業のリスクとリスクへの備えは?

情報通信業界において、価格競争は激化している上に技術は向上する一方で、IT社会、そしてネットワーク社会はどんどん進んでいます。
インターネットサービスはブロードバンド化により充実し、高機能化された携帯電話によって年齢問わずに気軽にネットショッピングや証券取引など様々なことが行われています。

しかし、便利になればなるほどコンピュータウイルスによる被害も増え、問題となる顧客情報流出やシステムダウンなどの事故も増えています。被害は企業や消費者に起こり、頻度と規模はIT 化が進展することに合わせて深刻化している状況です。
情報処理における人的リスク
企業で行う情報処理には、従業員の給与計算業務や顧客データの入力業務、DMの宛名印刷業務といったものがあるでしょう。
ここに直接人が入力業務を行ったりファイルの選択などを行ったりするなら、ミスが起きる人的リスクが存在することになります。
もしミスが起きれば、ついうっかりということが多大な賠償事故になる可能性を秘めています。
プログラムの不具合が賠償責任を負うことに
例えば委託された給与計算業務を行う中で、プログラムが不具合を起こして顧客従業員に給与の誤払いが発生してしまい、顧客から給与の再計算に要する人件費といった臨時費用が賠償請求されることも考えられます。
付きまとうトラブルやバグについては常に備えを
システム開発を行う上で、ハードトラブルやソフトバグはついてまわります。そのためトラブルが発生した時に被害を最小限に抑えるか、そして迅速にアクションが起こせるかがポイントになるでしょう。
対処が遅くなれば責任問題となって訴訟に発展する可能性もあります。開発が終了した後でも、万一のトラブル発生に備えておくことが重要になります。
情報処理サービスのリスクに対応できる保険は?
企業内の情報処理業務において、オペレーションミスといった人的リスクなどからの賠償事故については「IT業務賠償責任保険」などで備えることができます。
また、サイバー攻撃による被害は、不正アクセスによってサイトが改ざんされてしまったり、個人情報が盗まれてしまったり、業務妨害を受けるといった様々なリスクが発生します。
IT業務遂行やネットワークの所有、使用、管理に起因した不測の事由での賠償責任、または不正アクセスに起因して発生し費用の負担による損害などについては「サイバーリスク保険」などで備えることが可能です。
必要な補償は保険で確保を
保険会社によっては、IT業務賠償責任保険に特約としてサイバー攻撃に関する補償を追加できる保険会社もありますし、別になっている保険会社もあります。
情報漏洩した時のリスクが高い会社は必要な保険ですので検討するようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業が行うことができるテロ対策とは?... テロに対する危機感が高まりつつある 現在増加の一途をたどる訪日外国人数。日本国内でのテロの発生もイ...
教育業界:教材の著作権に関する問題は教育機関の大きなリスクに... 現在教育分野では情報通信技術を活用する方法が多く取り入れられるようになっています。しかしここで問題と...
マイナンバーは分散管理が大切!事業者が行うべき対応は?... 平成28年1月から税や医療や年金、介護、福祉、労働保険など社会保障手続き、災害対策分野でマイナンバー...
医療の現場/医師の過労死... 医療現場では長時間の勤務が当たり前のように行われており、勤務する医師が健康を害して亡くなる過労死が問...
役員の損害賠償補償の保険は会社が保険料を負担しても良い?... 会社の取締役や監査役等は、職務を執行する上で会社に損害を生じさせた場合にその賠償責任を負うことがあり...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る