ドローン保険を知っていますか?

みなさんの中で、ドローンに興味のある人はいませんか?
近年は、様々な場面で利用されることが多くなりましたので、飛んでいる所を見かけたという人も多いかもしれませんね。
実は今、そのドローンにも対応した保険があるということをご存知でしょうか?
今回は、ドローン保険の必要性やその保障内容についてご紹介します。

そもそもドローンに保険は必要なの?

農業や住宅関係等、今やドローンは仕事で普通に利用されています。
操作方法さえきちんと覚えておけば、人間が行くことのできない場所の撮影や作業ができますので、とても便利な道具といえるでしょう。
近年は技術も進歩していますから、高性能の機械の働きに驚きを隠せませんよね。

しかし、ドローンを利用するにあたり、本当に保険は必要なのでしょうか。
そもそも、ドローン用の保険があることを始めて知ったという人もいますよね。

時代は進むもので、意外に思うかもしれませんが、活躍の場が広がっている今こそ保険に加入しておいた方が得策といえます。

例えば、本体が墜落した時を考えてみて下さい。
ドローンには、大きな機体から小さな機体まで、その大きさは多様なのですが、どんなに高性能の機体であっても、その操縦を行っているのはあくまで人間です。
ちょっとした操作ミスで、墜落してしまうということも十分に考えられるでしょう。

少し前までは、ドローンはあまり人のいない場所、山や海といった所で操縦することがほとんどでしたが、最近は違います。
住宅街等、人が集まる場所でも利用されていることがあります。
このような場所で墜落するとどうなるか、想像してみて下さい。

もしかしたら、落下した機体が人に当たって怪我をさせてしまったり、建物に当たって壊してしまったりするということが考えられますよね。
そうなると、治療費や修理代は、操縦していた人に請求されることになりますから、経済的に困ってしまう人もいるでしょう。
このような事態を防ぐためにも、保険に加入しておいた方が安心ですよね。

気になる保障の種類は2つ

保険の種類は、機体その物に対する保障と、人や物に対する賠償保障があります。
賠償保障の場合は、物の修理費や人への治療費を保障してくれる内容になりますので、人が多い場所や住宅街での利用がある場合に加入した方がいいでしょう。
修理費や治療費は、高額になりやすいですから、加入しておくに越したことはありませんよね。
安心して操作をするためには、必須の保障になるかもしれません。

また、ドローンの機械本体を保障する内容もあります。
この保障内容は、本体が故障したり、壊れたりした場合の修理費を保障してくれるだけでないことをご存知でしょうか?
例えば、盗難に遭ってしまった場合や、森の中に墜落してしまった場合、探し出すのにお金がかかってしまうことがありますよね。
すぐに見つかるような場合ならば問題ありませんが、墜落した場所等の事情によっては捜索が難しいことも考えられるでしょう。

たとえ捜索を依頼するにしても、時間や労力の点から考えると、その費用は高額になりやすいですよね。
また、最近登場している種類は、高性能である分、修理費が高くなる傾向にありますから、修理代も馬鹿にはできません。
その費用を保障してくれるとなると、いざという時に心強いでしょう。
“大切な機体を守る”という意味でも、保険は活躍すると言っても過言ではありません。

高性能という言葉に胡坐をかかず、できる対策はしておいた方が安心できますよね。
本体を購入した時に付属する保険もありますので、保障内容を比較しながら加入先を検討してみて下さい。

参考URLドローンステーションブログ
(https://www.drone-station.net/blog/?p=897)

まとめ

今回は、ドローン保険の必要性や保障内容についてご紹介しました。
どんなに高性能の機械であっても、完璧な機械はありません。
小型化された機械であっても、落下するとなると大きな怪我や被害につながってしまう事が十分に想定できますよね。
ドローンは今、プライベート用だけでなく、仕事用も含めて活躍の場面が広がっています。
だからこそ、人や物への影響、そして本体を大切にするような保障はしっかりとつけておきましょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る