法人税を節税するために行いたい対策とは

 

法人税とは

企業が経営を行う上で必要になる節税対策を計画的に行うことは、事業の維持向上、そして発展に繋がります。様々な税金の種類がある中で、国税の1つである法人税は営利目的で事業を営む法人がその事業年度で得た利益に対してかかる税金です。

 

主な法人税の節税方法について

益金から損金を差し引き算出した税法上の所得に税率をかけ、その数値から対象となる控除を差し引いて求めたものが法人税です。会計上で収益にあたるものが税法上では益金、費用は損金となります。ただし会計上、税額上の所得計算はそれぞれ分けて考える必要があるため、会計上で収益や費用に該当する項目でも税法上では認められないことがあります。その際に発生する差額を申告や決算時に調整します。

企業によって資本金の額や従業員数など法人の規模は異なります。そのため法人税の節税対策もその規模によって対応していく必要があります。

 

事業所得の削減による節税

目的は課税税率がかかる事業所得の削減です。

・出資金を抑える

例えば、出資金を1,000万円以下にした場合、設立後2年間は消費税を納付する必要はありません。また、法人住民税の均等割の削減にもなります。

・売上計上時期の見直し

商品の引き渡しを行う業種の場合、商品の引き渡しが行われた段階で収益が実現したととらえます。その際、どの事象を商品の引渡し完了とするかが重要です。例えば商品を出荷した日に引き渡しが完了したとするよりも、相手方が検収をした時に引き渡しが完了したとするほうが売上計上を遅らせることができます。さらには相手方の使用収益の開始があった時や検診等で販売数を確認した時などを引き渡し完了とすればさらに計上が遅くなります。これらの日程が期末時期の場合には、売上を翌期に繰り越すことができます。売上を減少させることができれば節税につながります。

 

損金や欠損金による節税

損金や欠損金という経理上処理が行われるものを利用した節税法です。勘定科目によって損金対象のもの・対象外のものがあり、損金算入・損金不算入という税務上の調整が行われることで経費として処理ができます。

・繰越欠損金

繰越できる期間は事業年度によって変わることもありますが、過去の事業年度の赤字分を繰り越して黒字年度の所得を相殺することができます。

・貸倒引当金

回収困難な売掛金は貸倒引当金により損金を増やすことができます。これにより所得が減少します。

・交際費

適度な交際費は損金として扱うことが可能です。ただし日付や参加人数、場所、費用金額などがわかるようにしておきましょう。また、交際費ではないですが社員旅行費についても損金として扱うことができます。

・生命保険料

生命保険や中小企業倒産防止共済に加入することで、全額または一部が損金扱いとなります。

 

適切な方法で正しく納税を

法人税の節税のためには工夫して売上(事業所得)を削減することが必要です。悪意のある方法は脱税になりますが、法律などで定められている特典などを適用する節税は手段として正当な権利です。長く企業を維持していくためにもしっかりと対策を行いましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業狙った詐欺について 企業を狙った悪質な詐欺を働く業者に狙われている可能性はありませんか? 実際どのような手口で行われる...
勤怠管理はなぜ必要なのか?... 会社は働く従業員に対して、労働状況に見合う対価を給与として支払う必要があります。そのためにはしっかり...
事業経営には事業承継計画が必要不可欠な理由... 現在各地で地震が多発している状況で、今後はいつ大地震が起きてもおかしくない状況でもあり、どこに住んで...
企業年金は老後の柱になる?... 従業員の老後に必要な制度になるのか 企業年金は企業が働いてきた従業員に対して年金を支給します。年金...
働き方革命!今取り組むべき労働生産性を高める取り組みとは?... 働き方革命という言葉は近年ビジネスにおいて頻繁に聞く言葉となりました。 実際、いくつかの企業で働き...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る