労働基準監督署の調査とは?その流れと方法について

 

 調査が実施される目的

労働基準監督署が調査を行う目的は、労働基準法等の違反の有無を確認することです。労働基準監督官が事業場に立ち入って調査を行います。

 

労働基準監督官とは?

立ち入り調査を行う臨検、・資料の提出・尋問と、特別司法警察職員としての権限を持つ国家公務員です。調査を行う事業所への立ち入り、帳簿など書類提出の要求、関係者に対しての尋問などの権限を持ち、悪質な場合には特別司法警察職員としての強制捜査、証拠物品の押収等を行う権限を持つ国家公務員が労働基準監督官です。

 

立ち入り調査の方法は4パターン

労働基準監督署へ出頭する場合以外では、突然予告なしで訪れる場合、事前に電話や郵送で調査日時と揃えておく必要のある書類について連絡してくる場合があります。もし連絡があった場合には、落ち着いてどのような趣旨で調査に入るのか確認してみることが大切です。

 ・定期監督

多くはこの定期監督に該当する一般的な調査です。管轄の労働基準監督署が任意に選んだ事業所に事前に調査日程の連絡が行われ実施されます。

 ・申告監督

在職中の従業員や退職者から、労働基準監督署に未払い残業代や不当解雇等についての通報があった際に内容確認を行うために実施されます。申告監督の場合、通報者保護のために申告監督ということ明らかにせず定期監督であるかのように調査が行われます。

 ・災害時監督

労働災害が一定規模以上で発生した際に、災害の実態確認、原因究明、再発防止の指導のために実施されます。

 ・再監督

是正勧告を受けているのにもかかわらず、指定期日までに是正報告書の提出が行われていない場合などに実施されます。

 

労働基準監督署が行う行政指導

法律違反はないが改善する必要がある場合は指導票、法律違反がある場合は是正勧告書、労働安全衛生法など他違反や危険がある場合は施設設備の使用停止等命令書、これらの書類が労働基準監督官から交付されます。いずれも私的事項を指定期日までに改善し、是正報告書の提出が必要です。

 

厳しいのは指導→是正勧告→命令の順

指導票は直接法に接触しないけれども、改善を図る必要性がある事項を文書化したものです。是正勧告書は法違反事項についての是正措置を文書勧告したものです。 あくまでも指導なので処分ではないため罰則対象ではありませんが、違反のまま放置すれば司法処分の対象になる可能性があります。命令書は危険物使用環境下等で緊急措置を要する際に文書交付され、罰則の適用対象になりえるものです。

 

実際の調査の流れ

労働基準監督官から労働関係帳簿の確認を受け、事業主や責任者、人事担当者から聞き取り調査が行われます。その後、タイムカードや出勤記録簿など勤務実態の確認が行われ、必要に応じて労働者の聞き取り調査、事業場内立ち入り調査が行われます。労働基準監督署の調査はこれからも厳しくなっていくと思われます。指摘を受けることのないような管理や勤務の体制を整備しましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業が重視するリスクはどのように移っているのか?... 企業が抱えるリスクは様々で経営者はこれらのリスクを常に意識しながら経営を行わなければなりません。 ...
製造業:輸出製品の海外でのPL事故に備えるには?... PL法では、損害賠償を請求する場合、損害の事実、商品の欠陥の存在、損害と欠陥の因果関係というこの3つ...
企業が行うことができるテロ対策とは?... テロに対する危機感が高まりつつある 現在増加の一途をたどる訪日外国人数。日本国内でのテロの発生もイ...
健康経営/なぜ人材確保に役立つのか?... 日本は少子高齢化が進んでいることで生産性の低下も企業にとって深刻な問題となっています。 現在注目さ...
中小企業のM&Aは増加する傾向に... 近年、国内におけるM&Aの件数は増えつつあります。 特に、中小企業ではその傾向がより強くなっている...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る