社内のコミュニケーション不足は企業にとってデメリットしかない

突然ですが、あなたの企業ではコミュニケーションが活発に行われているでしょうか?もし、この答えがノーの場合は非常にもったいない状況だと言えます。
そこで今回は社内コミュニケーションの重要性について解説させて頂きます。

部署間コミュニケーションを円滑にしよう

多くの企業がある程度の会社規模になってくれば、事業を円滑に進めるために事業部を発足します。大きな企業になればなるほど、この事業部の数は大きくなり組織図が複雑になります。
事業部を作ることで、業務が分担でき、会社全体の生産性を上げることができます。
しかし、近年ではこの事業部がかえって会社全体の生産性を下げてしまっているケースが多く見受けられます。
要するに、事業部制は一定のラインを超えると生産性を下げるリスクがあるということです。
その要因として、従業員が事業部のことだけを考えるようになり、他部署に無関心になることがあります。
しかし、実際に仕事を行っていれば、部署が連携しなければいけないことだらけです。にも関わらず、部署間をライバル視したり、我関せずのスタンスをとってしまっているケースが多くあるのが現実です。
そのような企業は会社としての競争力が弱く、競合他社に負けてしまう傾向にあります。

コミュニケーションが競争力をアップさせる

もし、あなたの企業がこのような状況にあるのであれば、非常に危険です。
部署間でライバル視することが悪いとは言いませんが、協力ができない状況では時代の変化スピードについていきません。
本来企業経営の目的は利益を出し続けることで、戦う相手を間違えてはいけません。
このような状況を改善できるのは経営者しかいません。
従業員一人一人が日々の業務の本来の目的を見失っているから、協力できない状況になっているのです。
だからこそ、社長自ら企業経営を通して成し遂げたいこと、つまりミッションを従業員に言い聞かせなければなりません。
そして、協力しないことによるメリットよりもデメリットが圧倒的に多いこと、そして協力したことで成し遂げられることを具体的に見せつけなければなりません。
もちろん、社長と従業員の間には管理職がいるはずですから、従業員一人一人への理解の促進などは管理職に任せていいでしょう。

とにかくコニュニケーションがうまくできていないことは企業にとってデメリットでしかありません。逆に言えば、そこを改善することで伸び悩んでいた売り上げが伸びる、なんてことも可能性のある話ですから、もし現在ができていない状況であれば、すぐに改善に取り掛かるようにしましょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

危ない会社はこんな兆候がある?取引先の倒産危険信号とは?... 将来は有望だと思われていた会社でも、業績悪化で経営があっという間に立ち行かなくなりことはあります。 ...
法人が加入しておくべき賠償責任保険とは?... 法人が抱える賠償責任に対するリスクとは、他人の身体や財産などに損害を与え法律上の損害賠償責任を負うこ...
事業リスクから経営を守る!... 企業を取り巻くリスクは様々なものがありますが、活動を行う上で悪影響になるリスクは低減させていく必要が...
マイナンバーが民間利用される?認定企業の活用方法とは?... マイナンバー制度は、税・社会保障・災害対策の行政手段で利用されることになっています。民間で活用される...
建設業:中小建設業の経営を安定したものにするために... 建設業は多くの人が携わる業種ですが、不況業種と言われています。その理由として、公共事業の縮小、大手ゼ...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る