就業意識調査から見る現代の若者が抱えるニーズとは?

就業することに対する意識は時代の流れとともに変化するものです。
企業経営を行っている経営者は、会社の業績を伸ばすために人材採用が必須なことから、このような就業意識を常に意識しておかなければなりません。
そこで今回は2017年の就業意識調査(MUFG参照)から見る現代の新入社員世代が持つニーズをご紹介させて頂きます。

自分を優先するニーズが高い傾向にある

近年ブラック企業というレッテルを貼られた企業が採用を苦戦しているように、現代の若者は自分がその会社に入った際に、どれほど自分の時間を持つことができるかを重要視しているようです。
かつては、給料が年齢とともに上がって行くことが重要視されていましたが、現在は」私生活に干渉されない」や「いかに自分の時間を持つことができるか」などが重要になっているようです。
しかし、ここで勘違いしてはいけないこととして、仕事にやる気がない訳ではないということです。
これまでバリバリと仕事をしてきた人であればあるほど、このようなニーズを聞くと「根性がない」「やる気がない」と思いがちですが、実際調査結果では「目標達成については頑張りたい」という回答が8割以上あったようです。
ここで一つわかる事として、頑張り方に変化があるという事です。
かつてはプライベートの時間を削ってバリバリ行うことが良しとされていましたが、今は出来る範囲で頑張るという意識になってきているようです。
また、理想の上位像としては「寛容型」が求められているという結果になりました。
現代の若者は人の目を非常に気にしすぎる傾向があるようですから、上司や同僚との人間関係が大きくモチベーションに影響するようです。
だからこそ、広い心で自分を受け止めてくれる寛容型の上司が求められているということです。

将来像には不安を持つ若者が多い

もう一つこの調査からわかったこととして、多くの若者が将来に不安を持っているということです。
これは企業に対してというよりも、日本経済に対する不安を抱いているようです。だからこそ、企業としては、会社がどの方向に向かっているかなどのビジョンを明確に提示することが必要になるでしょう。
また、女性はまだまだ出世するイメージを持ちにくい傾向があるという結果も出ました。
少しづつですが、日本全体で女性の活用するフィールドは広がっているようには思いますが、まだまだ会社組織の中で出世する実例が周りに少ないことからこのような不安が多くあるようです。
女性の就労に対する価値観は変わりつつあり、バリバリ働きたい女性が増えていることからも、この辺りを整備してうまくアピールできれば多くの人材を獲得できるかもしれません。

このように一昔前と違って、就労意識は大きな変化が見られます。
経営者の方は、このような意識を理解した上で採用や組織改革を行う必要があるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営に関するリスク/顧客対応の失敗... 現在、顧客満足に対する考え方は広く浸透している状況のため、企業に対する顧客の期待は膨らむ一方です。 ...
企業が重視するリスクはどのように移っているのか?... 企業が抱えるリスクは様々で経営者はこれらのリスクを常に意識しながら経営を行わなければなりません。 ...
会社役員賠償責任保険とは?役員を守る保険の内容について... 「D&O保険」とも呼ばれる「会社役員賠償責任保険」は、会社の役員が安心して経営に専念することができる...
経営に関するリスク/プライバシー侵害... 私生活上の事柄に対して、みだりに公開されない法的な権利と保障を「プライバシー権」といいます。 プラ...
放射能など環境汚染へのリスクを回避するためには?... 多発する様々な災害は放射能リスクと無縁というわけにはいられない状況と言えます。 原子炉は地方だけで...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る