介護の現場/ヒヤリハット

介護現場では事故が起きた場合には、その詳細について事業者や施設が市町村に届け出なくてはいけません。
介護現場での事故事例には、過去に事故には至らなかったけれど報告が上がっていたケースなども多いため、事故を防止するためには再発を防止すること、ヒヤリハットから事故に発展することを防ぐことが重要だと言えます。
これまでにはないケースの事故だと思っていても、詳しく分析してみれば既にヒヤリハットとして問題視されていたリスクが影響していることがほとんどです。


ヒヤリハットのリスクを放置していない?
事故発生時には利用者の人命や財産の保持を最優先とすることはできていても、再発をさせない対処が後回しになってしまっているのは問題です。
同じ介護施設で同じ事故が続いて起きるのは、事故やヒヤリハットの背景に潜むリスクをそのままにしているケースが多いと言えるでしょう。
実際に介護現場で多い事故とは?
市町村などに事故ケースとして報告されている内容の約8割は、「ベッドや車椅子などからの転落」「立ち上がりや歩行中の転倒」による事故です。
しかしこれはあくまでも市町村に報告が上がった事例での話なので、実際には次に報告事例として多い、食べ物を喉に詰まらせるといった誤嚥による事故などが多いとも考えられます。
しかし誤嚥による事故も、食べ物が気管や肺に入ってむせた状況でない限り、後で肺炎などが起きたとしても因果関係が明確でないことで報告されていないケースもあると考えられます。
介護現場が主人公の事故防止システムの構築が必要
いずれにしても介護現場で事故が起きてしまうことを防ぐために、防止できる仕組みを構築することが大切です。
さらに形だけ仕組みを作ったとしても意味がなく、実際に現場の職員が積極的に事故防止に努めることが重要ですので、現場が主人公であるシステムを構築していくこと、さらにその必要性を意識できる環境作りが必要です。

・具体的な検討方法
具体的には日々の現場に潜むリスクを追及しながら、起こりうる事例を検討していくことが必要となります。
例えば常に転倒リスクを抱えた歩行能力の衰えた利用者が歩き回ろうとしているけれど、常に職員の誰かが身守ることはできない状態だとします。
仮に、歩き回るのは身体疾患などが原因で生じる意識障害である「せん妄
が原因だと判明した場合、歩き回る時間帯や環境などを踏まえた職員のシフト変更や、「せん妄
による行動の異常が起きないための事前ケアなどを行う必要が出てきます。

利用者の疾患等以外にも目を向ける
介護事故に結びつく要因として、利用者本人に潜むリスク、職員や家族、地域の人など支援する側に潜むリスク、日々のケアによる環境に潜むリスクがあります。
事故リスクには利用者の疾患や日常生活動作などに目が向いてしまいがちですが、他にも複合的な要因が重なっていることを理解しておきましょう。
ヒヤリハットから事故防止までの流れを作ること
ヒヤリハットから事故に発展する危険性を分析し、緊急性によって対処レベルを3段階に分類して考えて行きましょう。
事故やヒヤリハットが起きた場合には、関わった職員が報告書を作成し、上司や責任者・管理者などが何のリスクが存在しているかを確認します。
さらに事故防止の専門担当の判断で、緊急性の高いものについては緊急会議を行うといった対処が必要です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

福祉・医療事業:福祉施設においての賠償問題を考える... 近年日本は少子高齢化が進み、それに伴って社会福祉を取り巻く環境が大きく変化しています。 社会福祉法...
飲食店が損害賠償請求されるケースは?賠償責任保険で備えを... 飲食店には不特定多数の人が来店し、食べるものを提供することで様々な面でのリスクが背中合わせの状態です...
労働者を襲うメンタルヘルス疾患とは?... 職場の上司・同僚との人間関係、過重労働、過大ノルマ、配置異動、職場不適応など、仕事を行う上で起こる様...
軽減税率について解説します... 消費税が、2019年10月1日から増税されて10%になります。 それが家計に与える影響から恐々とし...
中小企業が知っておきたい「M&A」とは何か... 企業発展や存続のための合併・買収 複数の企業が1つになる「合併」、他の企業を買い取る「買収」という...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る