大企業だけでない!中小も介護離職を防ぐ対策が必要な理由

これから先、10年経てば日本の65歳以上の高齢者の数は数百万人一気に増えます。団塊世代は75歳以上の後期高齢者を迎え、日本の労働者は一気に介護離職を迫られる事態に追い込まれる可能性も危惧されていると言えるでしょう。
このような状況を回避するためにも、介護離職を防ぐ企業の取り組みが注目されつつあります。
中小企業でも介護離職を防ぐための対策が必要です。その理由についてしっかりと理解しておきましょう。


企業における介護離職の対策は不十分
介護離職問題は既に目に見えない進行しているわけですが、危機的な事態が迫っているにも関わらず、多くの企業で効果的な対策を立てられていない状況だと言えます。
現段階でも社員の現状を把握できていない企業が多いのですが、その背景には介護を抱える社員やそのような状況が近い社員が企業に状況を打ち明けられていないことも理由です。
打ち明けられない理由は社内での立場が大きく関係しています。介護を理由として働ける時間が短くなったとしたら、企業は対策を講じる必要が出てきますが、それが昇進に響くのではないかという不安に直結してしまうようです。
対策が講じられていても周知されていない
既に企業が対策を講じていたとしても、社員に制度の存在が周知されていないこともあるでしょう。せっかく制度を導入していても、存在すら知らなければ利用したくても利用できません。
いずれにしても、社員が介護離職という選択を選ばなくても良いように、介護と仕事を両立できやすい環境を企業が作っていく必要があると言えます。
早めの対策が先進的企業として認められることに繋がる
現在は女性が職場で活躍できるような制度も設けられ、育児と仕事を両立しやすい環境も整備されつつあります。
これと同様に、介護も仕事と両立しやすい環境が整備されていくことが望まれるわけですが、今後先進的な企業として社会的に捉えられるためにも事前に早めの対策を行うと良いと言えます。
介護離職は社員だけでなく企業にとっても大きな痛手
迫りくる介護離職の危機に対し、十分とは言えない企業の取り組みを改善させていくと同時に、働く社員の意識も改善していくことが必要です。
互いに状況を読み間違えたままでは、突然の家族の介護が必要な状況になった社員が退職せざるを得ない状況に追い込まれることになります。
それは辞めて行く社員にとって収入源を失う痛手となりますが、企業にとっても管理職の立場にある者を失う大きな痛手となるはずです。
中小企業でも早い段階からの取り組みが必要
国をあげて介護離職に対する早急な対策が必要な状況ですが、企業でもいち早く取り組みを始めているところもあります。多くが大企業を中心としたものですが、中小企業も同様に取り組みが必要になることを十分に理解しておきましょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

働き方改革における職場環境の改善に必要な視点とは?... 働き方改革における職場環境が今多くの企業で求められています。 しかし、実際どのように取り組んでいい...
認知症の進行過程を理解する... 経営者が高齢となった場合、認知症になるリスクがあります。 しかし、認知症の中には軽度の認知症や重度...
海外展開する際知っておきたい知的財産侵害のリスクとは?... ビジネスにおいて海外展開を検討する際には、国内では問題にならなかったような事が起きるリスクが非常に多...
損害保険の歴史について解説します... 保険といえば、生命保険をまず思い浮かべる人は多いでしょう。 しかし、実際には自動車保険や旅行保険、...
企業のリスク管理は体制作りから始めよう... リスクの複雑化により企業におけるリスク管理の重要性は今後ますます高くなります。しかし、多くの企業はま...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る