外国人労働者受け入れのリスクについて考える⇒労働単価が下がる=給料が安くなる

これまで、外国人労働者が徐々に増えつつあった日本では、2018年に外国人労働者の受け入れを拡大するという方針を表明しました。
しかし、実際に受け入れるとなると、様々なリスクが生じることが懸念されていますが、具体的にどのようなリスクが生じるのでしょうか?

なぜ、外国人労働者が必要なのか

そもそも、日本はなぜ外国人労働者の受け入れを拡大することにしたのでしょうか?
まずは、日本が外国人労働者を必要とする背景とはどのようなものか、増加している外国人労働者に対して正式な声明を発表したのはなぜか、という事を考えてみましょう。

現在、日本の社会問題の一つとして1980年代から少子化が進行しています。
それに伴って、15歳から64歳の人口となる生産年齢人口も減少傾向にあり、徐々に人手不足が目立つ業種が増えてきました。

特に人手不足となっているのは、地方の中小企業などです。
あまり給与も高くすることができないこともあって、就職希望者の数は減少傾向にあり、様々な業種が人手不足に陥っています。

その人手不足を補っているのが、外国人労働者です。
日本で働く外国人には、高度な教育を受けて特殊な知識や技能を備えた、先進国であるアメリカやドイツ、フランスなどから来ている人もいますが、この場合の外国人労働者はその人たちとは違い、フィリピンやベトナムなどの発展途上国新興国から訪れている人たちのことをいいます。

特長としては、日本との物価の違いがあります。
日本のサラリーマンの月給でも、海外ではメイド付きの豪邸に住むことができるという比較をされることがあるように、大きく物価が違うため日本では低賃金であっても、その国の人にとっては十分な給与であり、自国への仕送りもできるのです。

ただし、外国人労働者が働ける業種には制限がありました。
今回の声明では、その制限を緩めて今後は特定技能という新しい在留資格を定めたり、能力水準試験を行ったりすることで、これまでは雇うことができなかった14業種での雇用ができるようにしたのです。

どんなリスクがある?

メリットが大きいように思える外国人労働者受け入れですが、どのようなリスクが生じることが懸念されているのでしょうか?
リスクについて、考えてみましょう。

まず、外国人労働者を雇う場合でも、各都道府県で定められている最低賃金を下回ることは許されません。
不当な薄給で労働させるということはできないのです。

しかし、日本人にとって最低賃金をクリアしているというだけでは十分な給与とは言えないのですが、外国人労働者の中にはその水準で十分働ける、という人も少なくありません。
そうなると、企業としてもわざわざ給与を高くする必要がなくなり、最低賃金さえ守っていればそれでいい、という考え方になることが考えられます。

その結果、労働単価が下がってしまい、日本人が働く場合でも給与の水準が下がってしまうことになりかねません。
同じ仕事ができるのであれば、わざわざ給与を上げるよりも安く雇える人材を求めるのは企業として当然といえるからです。

また、これまで起こっていた不法就労などは減るかもしれませんが、正式に雇用することになった時は、海外と日本における風習の違いからトラブルが生じる可能性もあります。
特に、宗教に基づいた習慣などはなかなか歩み寄ることが難しい問題でしょう。

底から、治安の悪化なども心配する声が上がるかもしれません。
外国人労働者を雇用する場合は、きちんとした研修などを実施することで相互理解を深める努力が必須となるでしょう。

外国人労働者の受け入れによって、人手不足の解消を図ることはできるかもしれませんが、それに伴って起こることが予想されるトラブルについてもきちんと考えなくてはいけません。

まとめ

人手不足が問題となっている日本では、日本で働きたいと訪れる外国人労働者が大きな役割を担っています。
今後、外国人労働者の受け入れが増えることになれば、その必要性はますます高くなっていくでしょう。
しかし、そこにはリスクとなることも確かに存在しています。
外国人労働者を受け入れる前に、生じるリスクをきちんと把握しておきましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

社員の健康管理は会社の責任... 日本の企業では、社員の健康については「自己管理」という考え方が一般的とされてきました。 しかし、昨今...
事業承継/M&A対策が必要な意味... 上手くM&Aを活用することができれば、会社は企業の金銭的価値を高めることができる傾向がありま...
クーリングオフ制度とは?事業者間での取引にも適用される?... 消費者を守るための制度 特定商取引法で規定された販売業者と一般消費者の間で締結した契約について...
教育業界:学校法人が経営破綻に陥る原因とは?... 学校法人は近年の少子化が影響し、学生を募集することは最重要課題となっている状況です。 学校法人の経...
サイバー攻撃による企業のリスクはどんなことが?... 多くの企業が対策に頭を悩ませているサイバー攻撃ですが、中にはそのリスクを認識していないために、対策を...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る