倒産とは?会社が行う倒産手続きの種類について

倒産というと、会社が事業継続できないくらい経済的に破綻してしまうイメージがありますが、このようなことが理由で会社が消滅してしまうだけでなく会社を存続させるために再建を目指すことも倒産手続きに含まれます。

倒産手続きの種類

裁判所が監督する会社更生、民事再生、破産などの手続き、裁判所が関与しない任意整理など色々な種類が倒産手続きに含まれます。
・会社更生法

会社を存続させるための方法で、債権・債務者の了承を得ながら再建計画を立てて裁判所の認可をもらった上で再建を図る方法です。

条件として旧経営陣は全て退陣する必要があります。
・会社再生法

会社更生法と同じく会社再建が目的ですが、旧経営陣が継続して事業を行うことができます。
・破産手続き

債務者や債権者が裁判所に申し立てることにより行われるのが破産手続きです。

財務状況が支払不能な状態であると裁判所が認めた場合に破産開始決定が出されます。

破産手続きを行った会社は債務を弁済する法的義務はなくなりますし、債権者は取り立てることが禁止され、債務者の財産は債権者に平等に分配されることになります。
・任意整理

債権者との話し合いで債務を減額していく方法です。

裁判所の監督の下で行われる法的な手続きではありませんので、債権者は必ずこれに応じる義務はありません。

迅速性と低コストが魅力ですが、倒産の大半は任意整理によるものですし債権者の同意が得られなければ手続きは進みません。

倒産した企業から債権を回収するには

もしも取引先企業が倒産してしまうと債権が回収できるのかという心配が先に立つと思います。

破産手続きなどが開始される前には、取引先に対して法的手続きを行うことが可能です。

しかし破産手続きが開始されると債権者は個別に取り立てることが禁止されますので、債務者の財産から債権金額に応じた分配があることを待つしかなくなります。

任意整理の場合には任意整理を担当する司法書士や弁護士などから提示された債務の整理案に同意しなければ個別に債権を行使することが可能です。

しかし倒産する企業に資産など残っているはずもないですし支払い能力もなくなっていることがほとんどですので、実際のところは回収できないと考えた方が良いでしょう。

取引先との連鎖倒産を防ぐ取り組みを

会社の倒産手続きには様々な種類がありますが、手続きの方法によって会社が事業を閉鎖してしまうのかそれとも継続していくのかが違ってきます。

注意したいのは取引先が倒産してしまうことで、債権回収は手遅れになってしまうことや場合によっては自社も連鎖倒産してしまう可能性もあります。

そのような事態を防ぐためにも、取引先の与信調査は必要になってきます。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

製造業:製造業者はリコールリスクをどう考えるべきか?... 製造物はメーカーから卸売業者を経て小売店に卸し、最終的に消費者の手に渡るという流れ一般的です。 し...
AIの進化で中小企業はどうなる... 近年ではAIの発展がめざましくなり、多くのメディアで取りあげられて注目されています。 現時点では新...
今からでも遅くない!クレーム対策に取り組みましょう... 会社の売り上げを伸ばすためにはマーケティング活動は必要不可欠です。 しかし、売り上げが伸びるほど、...
働き方改革における職場環境の改善に必要な視点とは?... 働き方改革における職場環境が今多くの企業で求められています。 しかし、実際どのように取り組んでいい...
IT業界のリスクマネジメントの重要性... ITビジネスの情報技術は目ざましく進化している状況で、その発展は年々大きなものになっています。 業...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る