高度経済成長期に培われた日本型雇用システムが変化する?

現在の日本の雇用システムは、高度経済成長期に培われた終身雇用が主となっています。
しかし、企業を取り巻く環境が大きく変化していく中、この日本型雇用システムにも時代に沿った変化が求められています。
日本の雇用システムは今後、どのように変化していくのでしょうか?

現在の雇用システムの問題点

現在の日本型雇用システムは、高度経済成長期に培われたものですが、企業を取り巻く情勢の変化からいくつかの問題点が生じるようになってきました。

日本型雇用システムの根幹をなしているのが終身雇用という考え方であり、勤続年数も長くなります。
特に35歳から54歳の平均勤続年数は世界的にみてもトップクラスであり、長期的に同じ企業で働くという考え方が一般的となっていることがわかります。
終身雇用の場合は、勤続年数に応じて給与も増額していくのが一般的ですが、この点が特に問題となっています。

高度経済成長期であれば、企業はどんどんと成長していくためその売り上げも増えていき、社員に支払う給与も増やしていくという方針が通用しました。
しかし、長らく不景気が続き、今もなお企業の成長が落ち込んでいる現在においては、給与を増やすことも難しくなっています。

また、企業の成長が落ち込んでいる状態では人を増やしても仕事が足りないため、人手が余ってしまう事もあります。
その対処として、人員の配置転換や下請けの中小企業への出向などが雇用調整の方法として行われていて、特に大企業では顕著にその傾向が見受けられます。

また、少子化の影響もあって社会全体で労働者の高齢化も進んでおり、労働者の中で45歳以上の人が占める割合が徐々に増加しています。
そうなると、成長が少ない企業であっても長年勤務している人の給与は上げなければいけないため、従来通りの雇用体制では人件費がどんどんと高額化していくこととなります。

人件費を抑えるために、現在は正社員を減らしてその分非正規雇用労働者を増やす傾向となっていますが、それ以外にも勤務時間を延長させるものの残業代は支払わない、いわゆるブラック企業となっていることもあり、結果的に不安定な状況に不安を抱く労働者が後を絶ちません。

今後の日本の雇用システムはどう変化すべきか

こうした問題を解決するために、今後の雇用システムはどのように変化していくべきでしょうか?

まず、昇給や昇格についてはその基準を明確にして、厳しい査定の元で決定されるようになるでしょう。
勤務が長期間だからといって自動的に昇給となるようなことをなくすることで、会社の成長に合わせて昇給していくことができます。

また、正社員としての在り方も変化させていくべきでしょう。
日本では、正社員は安泰という考え方が一般的ですが、その考え方も改める必要があります。

未来の働き方として複業という形が考えられていますが、複業というのは要するに複数の会社に勤務するということです。
それを踏まえると、給与も契約金と成果給に分けて考え、仕事が無い時は契約金だけを支払い、仕事がある時だけそれに参加して成果に応じた給与を受け取る、という形にした方が良いでしょう。

また、仕事が無い時には他の企業で立ち上げられるプロジェクトに参加するなど、会社に縛られない働き方をするのが一般的になると思われます。
時代はどんどんと変化していくため、それに合わせた雇用システムの構築をするべきでしょう。

まとめ

日本で広く浸透している日本型雇用システムですが、高度経済成長期に考えられたこのシステムは長らく低成長が続く現代にはミスマッチな点もあり、色々な問題点が生じています。
そのことを鑑みて、現在の雇用システムは見直しが必要となっています。
健全に雇用できるよう、雇用システムはしっかりと見直しましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

企業保険のメリットとは?... 役員退職慰労金の準備のために企業保険を上手く活用する方法があります。 生命保険は経営者の死亡保障と...
倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について... 不景気に長い間悩まされていた日本ですが、最近では景気が上向きとなってきたこともあって、以前よりも倒産...
フォロワーシップとリーダーシップについて考えてみる... 人を引っ張っていく資質をリーダーシップというのは、おそらく、多くの人にとって聞き馴染みのある言葉だと...
福祉・医療事業:第7次医療法の改正による理事や監事の責任... 平成28年9月1日より施行された第7次医療法の改正で、医療法人の理事と監事の責任について明文化されて...
企業にはびこる名ばかり産業医とは?... 労働安全衛生法では、50人以上の従業員が働く事業場の場合、産業医が必要と定められています。 さらに...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る