会社の倒産が続出?マイナンバー制度による企業への影響とは

平成28年からいよいよスタート

マイナンバー制度がついに始まりました。住民票を有する全ての人に1つずつ番号を付すことで、社会保障や税金、災害対策などそれぞれを効率的に管理できるようにするために導入された制度です。法人には法人番号というものが割り当てられます。

そして、この制度によって厚生年金や健康保険に入るべきはずが加入していない事業所の存在を明らかにします。社会保険は法人であれば人数を問わず強制加入ですので、入っていなければ違法になります。

未加入事業所の把握に実施された策とは

中小企業にとっては保険料負担をできるだけ避けたいと考えられているため、加入義務があっても加入せずにいるケースもあるようです。そのような未加入事業所を把握するために、登記簿などを活用して進められてはいました。しかし中には休業中の場合や、ペーパーカンパニーも含まれるため効率的な特定に至っていませんでした。

そのため所得税を納めている企業情報を得ることで、そのデータと厚生年金の加入企業のデータを照合し未加入事業所を特定すると言う方法が行われました。所得税を納付しているのに社会保険を支払っていない事業所は約80万社あることがわかり、会社員に換算すると数百万人存在するといわれています。

実際に立入検査も実施されている

このような法人には年金事務所から調査が入るため、実際に立入検査予告通知というものが既に送られているようです。平成27年から徹底的に加入指導が始まっており、社会保険に未加入の場合にはそれなりのペナルティが課せられます。まず追徴と罰金が発生することがペナルティとしてあげられます。年金事務所によって調査が実施され社会保険料2年分を遡って追徴されることになります。

正論でもやりきれない思いもある

これまでの調査に加えて、マイナンバー制度が始まったことにより加入義務があるにもかかわらず社会保険に加入していない事業所はますます発覚していくことになるでしょう。社会保険料を滞納している多くは零細企業と呼ばれる会社です。社会保険料を過去に遡って徴収されることになると、今後の経営を左右する死活問題になりかねないところもあると思います。発覚を機に倒産に追い込まれる会社も多くなるかもしれません。

超高齢化社会への財政不足が原因

超高齢化社会といわれる中で、高齢者の比率は増加する一方です。2050年の65歳以上の割合は4割近くにのぼるといわれているため、社会保険制度の財政はますます厳しくなっていくでしょう。今後も保険料が値上がることも考えられますし、未納者にはさらに厳しいペナルティが課せられることも考えられるでしょう。マイナンバー導入で、保険料の未納や社会保険に未加入の事業所は行政に情報が筒抜けになるため、倒産に追い込まれる会社も出てくることになるでしょう。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

リスクと保険/業務に関わるリスクと保険(建設業)... 建設業を営む上で、情勢の悪化や不測の事態などが起きれば、建設投資は著しく減少し業績は影響を受ける可能...
経営者リスク高齢経営者の年金受給カット... 平成27年10月から被用者年金一元化法により、以前は厚生年金と3つの共済年金に分かれていた被用者の年...
サイバー攻撃にはどんな種類があるのでしょう?... 企業が対策を考えなければいけない脅威の一つが、サイバー攻撃です。 ネットワークを通じてコンピューター...
契約破棄したい時はどうすればいい?契約解除の方法とは?... 正式な手続きの上で交わされた契約には、法的拘束力が生じます。 そのため、契約がいったん成立すると基本...
M&A/MBIとMBOとは何か? 企業の買収や合併をあらわす言葉には様々なものがありますが、それぞれどのような意味を持つのか理解してお...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る