社員の労働意識を変えれば会社の業績は間違いなく伸びる

会社の業績を伸ばすための方法はたくさんあります。
しかし、多くの方法が一過性のものが多く継続性がありません。
そこで今回は、社員の労働意識が変わる事による業績への影響について解説させていただきます。

生産性アップが最大の利益アップ手法

現在あなたの企業ではどのようなマーケティングを行なっているでしょうか?
チラシやネット広告に数百万円使っている企業もあれば、営業一人一人に厳しいノルマを与えている企業もあるでしょう。
もちろんそれらの方法は間違っていないとおもいます。
では、最も利益貢献の大きい手法とは何でしょうか?
広告費をさらに投入して顧客を倍増させる事でしょうか?それとも営業マンの営業先数をさらに増やす事でしょうか?
違います。
最も利益貢献する手法とは社員一人ひとりの生産性をアップさせることです。
生産性とは一人の社員が生み出す利益額だと考えてください。
いくら広告費を増やして集客したとしても、社員の処理能力が低ければ機会損失だらけになってしまい、結果的にその広告は費用対効果が合わないという結論になってしまうでしょう。
営業マンがどれだけたくさんいても、10人中1人だけテストで言えば100点以上を叩き出すすごい営業マンがいるのと、10人ともに80点以上は達成してくれる営業マンがいる企業では、後者の方が安定していると言えます。
つまり、大事なのは従業員一人一人が高いレベルで仕事を行なっているかということです。
そしてこの状況がベースにあった上で、最初に挙げたような販促費アップや営業先の増加などを決定するべきなのです。
しかし、実際フタを開けてみると、ベースとなる従業員の生産性を無視したマーケティングを行なっている企業が非常に多いようです。

従業員の生産性の上げ方とは?

では、どのように生産性を上げていけばいいでしょうか?
勘の良い方であればすでにお気づきだと思いますが、生産性を上げるとは従業員の平均点をあげる感覚に近いです。
つまり、あの人しかできないというような属人性をできるだけ排除し、仕組み化することが生産性アップにつながります。
そのためには、できるだけ仕事を分業制にすることや、マニュアルの整備、教育の仕組み化などやらなければならないことがたくさんあります。
しかし、逆に言えばやらなければいつまでたっても生産性があがらず、せっかく行うマーケティングも本来の力を発揮しないまま終わる、というもったいない事になってしまいます。
やるべきことが多すぎて何から取り組んでいいかわからないという方もいるかと思います。
そのような場合は、まずは業務の棚卸から始めるようにしてください。
棚卸をすることで、今ある業務を一度客観的に見て、そもそも不必要な部分は排除し、残った部分から分業化できるポイントを探るイメージです。
この分業するポイントが決まれば、自ずと教育の仕組みもある程度流れが完成します。まずどのポジションからスタートするのがもっとも早く利益貢献するか、という視点で考えましょう。
また、分業化して終わりではありません。これでやっとスタートラインだと思ってください。
そこからは各セクションごとに目標を設定しなければなりません。
KPIと呼ばれる事も多いですが、要するにコールセンターだったら受電数や案件化率の目標を、営業部隊だったら受注率や受注額の目標を設定しましょう。
目標が決まれば、それに向けた行動計画をたてて早速実行します。そして、定期的に目標数字と実数値を見比べて、改善があればすぐに行うことが重要です。これがPDCAと呼ばれるサイクルです。
また、目標達成の行動計画もできるだけ一つ一つの行動に数値目標を設定することでよりPDCAサイクルは回しやすくなるでしょう。

社員の意識が結果を大きく変える

さて、これまで生産性アップ手法について解説させていただきました。
ぜひ実行していただきたいですが、実はこれだけではまだ不十分です。
おそらくこの記事をお読みの方にも、目標を立てたは良いけど日々の忙しさで改善作業が後回しになる、そして知らないうちに忘れ去られてしまう、というような経験がある方もいるのではないでしょうか?
おそらくこれまで解説させて頂いた事も、このままではそれと同じ状況になってしまうと思います。
重要なことは、単なる手法で終わらせるのではなく、そこに納得感や感情を纏わせることです。
つまり、社員の意識をどれだけそこに向けられるかということです。それができなければ、どれだけ綿密に目標を立てたとしても、机上の空論になってしまいます。
そうならないためにも活躍するのが社長です。
目標設定するなどは言ってしまえば、社長じゃなくともできる仕事です。
しかし、なぜその目標するのか、もっと言えば、なぜその方向に会社を進めるのかなどを心の底から語れるのは経営者ただ一人なのです。

経営資源は「ヒト・モノ・カネ」と言われています。
中でも「ヒト」が一番最初にきているように、まずは人、つまり社員の意識を変えることができれば、生産性が飛躍的に向上し会社の業績は必ず伸びるでしょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者が認知症・・・借入金の問題... 経営者が認知症になってしまうと、様々な問題が生じます。 特に中小企業などでは後継者不足に悩んでいる...
近未来の接客がロボット接客とヒューマン接客の二極化する?... 近未来において接客は、二極化するだろうといわれています。 一つはロボット接客であり、もう一つはこれ...
経営者が知っておくべき必要保障額とはどのくらい?... 企業において経営者の高齢化が深刻化しています。 後継者をまだ見つけられていないことや、経営者がトッ...
AIの進化で中小企業はどうなる... 近年ではAIの発展がめざましくなり、多くのメディアで取りあげられて注目されています。 現時点では新...
消費増税に伴うリスクについて考える... 2019年10月からは、消費税が増税して10%になる予定です。 しかし、消費増税となると家計への負...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る