介護の現場/サービス残業問題

介護ビジネスは売上に比例してそれに対する費用も高くなる傾向があるため、要介護者が増えて売上が上がってもその分、介護職員を必要とするので人件費がかかります。さらに高齢者がメインのため、利用者が数名亡くなった場合にはすぐ赤字になるなど、経営破綻しやすいという特徴もあります。
国は介護の財源が不足している理由から介護サービスの報酬を減らしており、売上はさらに減らされる方向にある上、介護職員自体が不足していることで待遇改善が必要な状態です。


介護の現場ではサービス残業が蔓延している?
日本は高齢化が進んでおり、要介護者の数は増えつつあります。それに対して介護事業は経営悪化という状態ですので、介護職員の給与も今以上に高くできないと言えるでしょう。
しかし仕事の総量は増えており、サービス残業が蔓延している状況です。実際に介護の現場で月給制の職員のうち、残業した時間を正確に申告している人は半数程度です。
なぜ残業を申告しない?
申告しない理由の4割強は、職場内の申告しづらい雰囲気であることや、申告しても残業を認めてもらえない、自主的に残業しているといった意見もあるようです。
申告しても残業を認めてもらえないのは、介護事業者が認めてしまうと経営が赤字になることが挙げられるでしょう。
介護業界は低賃金で働く業界?
そもそも介護業界の構造自体が低賃金で労働する形になっています。増え続ける要介護者に対して流れるお金の総量は不足している状態で、団塊の世代が75歳を超え国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上になる2025年問題にはこの問題はさらに大きくなると考えられます。
高齢化が働き方にも変化を起こしている
2000年から2010年の10年間で、土木作業員や建設技術者は40%、漁師や農家は30%、事務や工業系技術者は14%減少しています。その一方で葬儀関係者は1.5倍、介護職員などは倍以上に増加しています。
高齢者が増えて若者が減ることで、作る仕事に関わる人が減り、葬儀や介護の仕事に関わる人が増えるといった働き方にまで変化を起こしている状態と言えるでしょう。
処遇改善加算は意味があった?
介護職員処遇改善加算が2017年4月より改定され、1万円程度は給与が上昇しているはずですが、処遇改善加算の届け出をしない事業者も1割存在しています。
その理由として4割強の事業者が事務作業の煩雑さを挙げていますが、介護の現場における事務作業の非効率性が確認できると言えるでしょう。
現状ではサービス残業はなくならない?
現在のままでは介護事業所の構造自体は改善されず、介護職員にサービス残業を強いる状況が続いてしまいます。この問題を解決するために、短期的には混合介護を進め介護保険が適用されない介護サービスを増やすといった方法しかありません。
しかしそれではお金がなく通常の介護サービスを受けることができなる人も出てきてしまうでしょうが、そこまでしなければ介護業界のサービス残業はなくならないとも考えられます。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業の廃業が増加!その背景にある3つの人材不足とは?... 日本が抱える大きな問題が中小企業の後継者問題です。 日本に存在する企業の99%は中小企業ですから、...
株主代表訴訟に備える保険の保険料は誰が負担する?... 会社の取締役と監査役等は職務執行にあたって損害を生じさせた場合、損害賠償責任を負う必要がでてくる場合...
従業員の健康リスク「座りすぎ問題」を問う!... 内勤業務の場合、業務時間の間はほとんど椅子に座ってデスクワークをしていることが多いでしょう。 しか...
認知症の進行過程を理解する... 経営者が高齢となった場合、認知症になるリスクがあります。 しかし、認知症の中には軽度の認知症や重度...
なぜ現代で生き残るために経営の意識改革が必要なのか?... 企業経営において利益を出すことが何よりも重要で、それがなくては自分はもちろん従業員や取引先などの関係...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る