取締役の法的責任

法務リスク

取締役の責任追及の時効は10年?

会社の重要な立場である取締役などの役職に就いている人が、会社に不利益を与えるような行為をした際には損害賠償請求をされることがあります。 しかし、そういった請求には時効が定められているものです。 この場合、10年経つと時効といわれているの...
法務リスク

会社のかなめ、取締役に求められる義務と責任とは?

会社は常に日々決断を繰り返しながら事業活動を行っています。会社の重要な判断を担うのが取締役となりますが、サラリーマンにとって取締役への昇進は一つの目標といえるかもしれません。取締役会で決定した指針に沿って事業活動を行った結果、もし会社や第三...
法務リスク

会社役員個人に対して訴訟になるケースは3つのパターン

役員が果たすべき義務に違反して会社に損害を生じさせた場合、その損害を賠償する責任を負うことになります。 役員が果たすべき義務には、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などがありますが、これらの義務違反で生じた損害については、それぞれ直接...
法務リスク

役員の損害賠償責任は相続財産である

取締役の会社に対する責任追及の方法として株主代表訴訟があります。責任追及は本来であれば監査役が行うべきことですが、実際のところ監査役が取締役を提訴することは困難なことが多く、株主が会社に代わって取締役に対して責任追及を行うというものが株主代...
法務リスク

役員個人に賠償請求!個人資産が標的に。

自社や第三者に損害が生じた場合、会社役員個人が株主等から損害賠償請求を受けるケースもあります。 そのため役員は法令遵守だけでなく、善管注意義務、忠実義務、監視・監督義務などに違反しないことも大切です。
法務リスク

会社役員にはリスクが多い!代表的な訴訟例

会社は法人ですので、個人と異なり意思決定や行為を単独で行うわけではありません。 会社の業務執行は株主総会の決議で選任された取締役に対して、取締役の職務執行の監査は監査役に委任します。 取締役や監査役が会社や第三者に対して損害賠償を命じら...
法務リスク

会社役員なら知っておくべき!リスクを補う会社役員賠償責任保険

会社を経営していく上で、様々なリスクに対応していく必要がありますし、備えも必要です。 その中でも、会社役員としての業務遂行に起因する賠償責任などへの備えとして、「会社役員賠償責任保険(D&O保険)をご存知でしょうか。 経営者を守...
法務リスク

会社役員には大きな責任がある

会社を設立した場合、個人事業主から法人に変更した場合には、経営者は代表取締役となって新たなスタートをきることになります。 しかし会社役員となることは、主導の権限を握るだけでなくそれと同時に責任も重くなります。実際にどのような場合に責任を負...
法務リスク

増大する役員の法務リスク

取締役は会社を運営するにあたり様々な権限を持ちます。この権限は、業務を円滑に行うために持つ権限です。 取締役が自身の利益のために権限を濫用する法務リスクに対応するために、会社法では取締役が業務を忠実に行うための義務を定めています。 その...
法務リスク

会社役員賠償責任保険とは?役員を守る保険の内容について

「D&O保険」とも呼ばれる「会社役員賠償責任保険」は、会社の役員が安心して経営に専念することができる為の保険です。 会社を発展させる為には複雑で高度な職務を日々行っていくことも必要になるでしょうが、平成5年に商法が改正されて以来、株主...
タイトルとURLをコピーしました