使用者の法的責任

法務リスク

企業において使用者賠償責任保険がなぜ必要なのか?

最近、勤務時間の見直し等、働き方改革を推進する試みが見られます。 世の中全体を通し、今までの働き方や待遇を見直すきっかけになるのは、間違いないでしょう。 ところで、このような流れが形成された要因として、しばしば過労死が取り沙汰されますよ...
事故・災害リスク

雇用慣行賠償責任保険のニーズが高まる背景は?

会社経営に携わっている方々には、人知れず、こんな悩みがあるものです。 それは、最近話題になっているパワハラ等の雇用環境。 いくら自分が気をつけていても、受け取る側の主観によって、気分を害する可能性があるというのは、正直、厄介ですよね。 ...
法務リスク

社員の健康管理は会社の責任

日本の企業では、社員の健康については「自己管理」という考え方が一般的とされてきました。 しかし、昨今社会問題となっている、残業の多さや労働時間の長さによる精神的な病気や自殺の増加に伴い、社員の健康管理責任は会社にあるという考え方に変化して...
法務リスク

中小企業においてなぜストレスチェックが必要なのか?

企業が従業員に対して行うストレスチェックは、平成27年から50人以上の労働者を抱える企業に対して、実施義務が課されるようになりました。 それでは中小企業には必要ないのかといえば、そんなこともありません。 なぜ、義務がないのに中小企業にお...
法務リスク

経営者が知っておくべき使用者責任と運行供用者責任とは?

務内で自動車を使う場合、従業員は常に事故と隣り合わせともいえます。 では、実際事故を起こしてしまった場合会社にはどんな責任があるのでしょうか? そこで今回は経営者が知っておくべき使用責任と運行供用者責任について解説させて頂きます。 使...
法務リスク

会社側が運行供養者として責任を負う必要があるのはいつ?

従業員が車で通勤することは一般的なことです。 しかし、もしその従業員が通勤中に事故を起こしてしまった場合、会社側は運行供養者として責任はあるのでしょうか? 原則、通勤中の事故は責任を負わなくても良い 通勤中の事故の場合、以下に当てはま...
法務リスク

労災 安全配慮義務違反と損害賠償請求

長時間労働やストレスなどが原因で、心身ともに健康だった労働者が不調を訴えた場合には、その原因を取り除き健康が回復するように支援することはもちろん、そうならないように予防するための策を講じる必要があります。
法務リスク

福祉・医療事業:第7次医療法の改正による理事や監事の責任

平成28年9月1日より施行された第7次医療法の改正で、医療法人の理事と監事の責任について明文化されています。定款に焦点を当てた改正となっていますので、今一度内容を確認しておくようにしましょう。
タイトルとURLをコピーしました