5G時代が到来すると、社会はどの様に変化するのか?

みなさんは、”5G”という単語を聞いたことはありませんか?
最新技術の中でも、注目を集めていますので、名称くらいは聞いたことのある人もいるかもしれませんね。
しかし、日常生活にどのように関わっていくのか、まだイメージできない人もいるでしょう。
今回は、5Gの到来と社会の変容についてお話しします。

そもそも、5Gとは?~現在の主流システムとの違いを知ろう!~

最近のメディアでは、5Gという言葉をよく聞きますが、そもそもどのようなシステムなのかよく分からない方もいらっしゃいますよね。
まずは、システムの概要を簡単にご説明したいと思います。
これは、”第5世代移動通信システム”の略称になり、身近の物で搭載される予定なのはスマートフォンが挙げられるでしょう。

スマートフォンをお持ちの方は、現在の通信システムをご覧になってみて下さい。
画面表示に、小さく”4G“という表記がなされていませんか?
これは、現在使用されている通信システムになりますので、5Gはこれから使用されるシステムだと思って良いでしょう。
ここで、次に利用されるシステムとは何が違うのかと、疑問に思う人もいるかもしれません。

システム上の分かりやすい違いは、通信の際の容量の大きさや速度が今よりも早くなるといったところでしょう。
現在のシステムでも結構早いのではと思っている人もいると思いますが、それよりもスピーディーになるととても便利ですよね。
しかし、速度が速いと言っても、どのくらい早いのか素人には想像がしにくいです。
一般的な例えでは、現在の通信速度の100倍になると言われていますから、動画が重くて見られない、止まってしまうということは少なくなるでしょう。

また、最新システムになることで、より容量の大きいデータの移動を、スムーズに行うことができるようになります。
例えば、最近進化しているVR技術は、まるで本物のように美しい景色を再現するということができますよね。
しかし、その映像を再現するためには、膨大なデータ量が必要となりますので、容量の少ない機器ではデータの移動が困難でしょう。

しかし、5Gならば、容量の問題もクリアできますので、様々な場面で活用することができるようになります。
そうなると、現在よりも実用化の幅が広がってきますよね。
その他には、省エネであるという特徴もありますので、実際の使い勝手も今より良くなることが予想できるでしょう。
機能だけでなくコスト面でもメリットがあるならば、経済的にも優しいですしお得ですよね。

さらに、IoT機器への積極的な導入や、自動運転のシステムにも活用されることから、より日常生活が便利に、快適に過ごせるようになるかもしれません。
医療技術にも使われるとなると、今まで困難だった治療が出来るようになるかもしれません。
近年も、新しいアプリの登場やAIの進歩、ドローンのようなツールがたくさん登場しましたよね。
その他にも、未完成だったり、さらなる向上を見据えて開発が行われていたりする物もあるでしょう。

技術が進んでいくと、監視カメラや社会インフラを代わりに行ってくれることも可能になりますから、人間の関わる範囲が少なくなりますよね。
このような世界観は、漫画の中だけだと思っていたかもしれませんが、実現する日は近くなってきていると言えるでしょう。
実際に、現在は基地局の整備を始める等、本格的な導入に向けて着々とその準備は進められていますから、待ち遠しいですよね。

新しいシステムの普及は、世界にとっても注目の的です。
新しい技術が増えていくことには、私たちもワクワクしてきますよね。

ハッキング対策や新しい価値観についていけるかがポイント

5Gの導入によって、様々な最新の機器やサービスの利用ができるようになることは分かりましたよね。
しかし、これからの社会では利便性を追求するならば、防衛策も万全に取らなければなりません。
みなさんも、現在使用されているパソコンやスマートフォン等の機器には、ウイルス対策等のソフトが入っていますよね。
そのおかげで、ウイルスやその他の攻撃から大切な機器を守ってくれているでしょう。

5Gが導入され、様々な場面で利用されるようになった場合、一番気をつけなければならないのは外部からのハッキングになります。
身の回りでは感じることが少ないかもしれませんが、全世界を通してみると、意外とハッキングされていることは珍しいことではありません。
ニュースを見ていると、その被害に遭ったという内容も見ることがありますよね。

特に、普及が想定された未来では、1つの端末をきっかけとして、複数の機器の操作をするということも可能です。
これは、とても便利なシステムですが、そこにハッキングされてしまうとどうなるでしょうか?
利用するすべての機器の操作が、できなくなってしまいますよね。

現在でもハッキングに対しては、重要な問題と捉えられていますが、その対処には苦労することがほとんどです。
対応する範囲が広まってしまうと、どのように対応すべきか、事前対策をどうすべきかが重要になってくるでしょう。
利便性が高まる反面、セキュリティ面でのリスクを含んでいると言えますよね。

また、これは新しいテクノロジーになりますから、仕事や生活する上で使いこなしていく必要があります。
その場面は、特に仕事面に大きな変化を与えることになるでしょう。
例えば、現在もリモートワークの導入が勧められていますが、技術が発達するとより働き方も変わってきますよね。

システムを利用した繋がりが、現在の働き方よりもより効率的で良いという場合もあり得るでしょう。
そうなると、会社に出勤して働くという形に限定されませんよね。
より、みなさんのライフスタイルに合った働き方を実現することが、可能になるかもしれません。

今回は働き方の例を挙げましたが、新しいサービスの提供や価値観を探し出すことも、容易に行えるのです。
物事をプラスにできる考え方ならば、積極的に広げていっても良いでしょう。
さらに、5Gを後押ししているのは、人口の減少にも要因があることを聞いたことはありませんか?

働く世代がこれからどんどん少なくなってしまうと、人手不足の影響から十分なサービスが受けられないという場所も出てくるでしょう。
人員的な問題を解決できるのは、最先端のシステムになりますよね。
近年でも、これらの問題を解決するために、国内外を問わず無人レジやサービスの提供ができないかどうかの実験がなされています。

一定のレベルの社会生活を営むためには、必須になるかもしれません。
そのため、扱いづらい、分からないというだけでなく、私たち自身もシステムに対応できるようにしていかなければならないでしょう。
例えば、基本的な使い方を知っておく、ということだけでも構いませんよね。

どの時代でも言えることかもしれませんが、新しい考え方ややり方を学ぶ意識がなければ、周囲に取り残されてしまいます。
完全なる導入にはまだ時間がありますから、どのような技術が登場するのか調べてみるのも楽しいですよね。
働き方に関しても、最新のツールを活用した上で、どのような動きができるのかを考えた方が良いかもしれません。

あくまでも、最新のシステムを利用、活用するのは人間ですから、上手く技術を使いこなせるようにしたいですね。

参考URL
ナレッジデポ
(https://www.unionnet.jp/knowledge/5g/)
産経新聞
(https://www.sankei.com/economy/news/190129/ecn1901290002-n1.html)

まとめ

今回は、5Gの到来とそれに伴う社会の変容についてお話ししました。
利点として、現在のシステムとは速度や容量的な面から見ても段違いのシステムになりますので、より快適な通信環境が得られるでしょう。
しかし便利になる反面、セキュリティ対策や新しい価値観が多数登場し、一気に社会の価値観が変わってしまうかもしれません。
現在、様々な業界で注目されていますから、今後の動きに目が離せません

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

スイスチーズモデルで組織事故を考える... スイスチーズモデルというのを聞いたことがあるでしょうか? 安全管理のモデルとしてよく引用されており...
初耳?企業ががん対策を取り組む必要性が高まっている... 企業が取り組むべき課題は時代の変化とともに変わるものです。 今であれば、ダイバーシティ、つまり働き...
労災事故を防ぐ!事業場が守るべき「労働安全衛生法」とは?... 労働安全衛生法とは? 職場での労働者の健康と安全を確保するために職場環境を快適に形成することを促進...
法人解散を検討する際に知って起きたい情報をまとめました... 経営者であれば法人解散を行う上での必要な情報について知っておいて損はないと思います。 なぜなら、経...
経営者と保険/経営者に関わるリスクと保険(事業承継)... 現代社会で企業は色々なリスクに取り巻かれており、その影響も年々拡大しています。利益を創出しながら成長...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る