多様化するこれからの働き方を考える

突然ですが、みなさんは今の働き方に満足していますか?
近年は、オフィスに出向いて働くという一般的な考え方が、崩れつつありますよね。
柔軟な働き方が認められている企業がある一方で、自分には関係ないと思っている人もいるでしょう。
しかし、多様化する働き方の容認は、これからの時代に必須なのです。

介護や育児、自分のニーズに合った働き方の実現

社会全体で少子高齢化の進行の影響を受けているのは、事実ですよね。
企業にとっては、労働者の意欲や生産性の根本に関わってくる部分ですから、蔑ろにしてはいけない問題になります。
現実問題として、今の働き方では十分な対応ができていない、と感じている経営者も多いのでないでしょうか?

従業員は企業にとって大切な戦力になりますが、様々な事情からその力を発揮できない人もいますよね。
そのため、どのような事情があっても、働きやすい環境を整えることは急務になっていると言えるでしょう。
全ての企業とは言えませんが、徐々にその仕組みを整えつつあるでしょう。

例えば、就業時間を自由に従業員が決められるフレックスタイム制度の導入や、テレワークを実施する等が行われています。
また、育児と両立を目指す働き方として、時短勤務で頑張って働いている人もいますよね。
これらは、それぞれ事情があったとしても、働きたいというニーズを叶えてくれるものになるでしょう。

何より、育児や介護が理由で、仕事を辞めなければならないと思ってしまう人を少なくすることができますよね。
その結果、企業にとっても優秀な人材を確保できることにも繋がるのです。
つまり、多様な事情に対応できる働き方を実施できることは、企業の成長にとってもいい影響になるでしょう。

多様化する働き方へ対応するためにすべきことは?

従業員のニーズに合わせて、多様な働き方ができることは、多くの企業にとって理想的な状態になります。
しかし、今までやったことのない働き方を導入するのは、経営陣・従業員にとって不明な部分が多いですよね。
そのため、実際に実現できるように、必要なスキルをレクチャーする機会や、最低限必要な環境を整えていくことが重要になるでしょう。

例えば、フレックスタイム制を導入するならば、どのように個人の勤務時間を把握していくのか、賃金の計算方法等を確認しておかなければなりません。
また、テレワークの場合は、インターネットの環境がしっかりと整っているのか、必要な設備が従業員個人に確保できているか、どう提供するのかが挙げられるでしょう。
つまり、単純に作業する環境づくりを、従業員に丸投げしてはいけません。

また、全ての従業員が一定のスキルを持っているとは限りませんから、スキルの習得や教育に時間がかかる場合もあるでしょう。

このように、多様な働き方を容認しようとする風潮がある一方で、それに対応できない人がいるのも事実です。
そのため、企業全体での知識や技術面のアップデートが求められる場合があると言ってもいいですね。
些細な部分だと、積極的に新しい働き方を導入したいと声を上げている人がいても、周囲の人がその環境に対応できない状況はどうでしょうか?

多様な働き方は、従業員のライフプランだけでなく、企業への貢献にも関わってくる要素です。
上手く活用できると、従業員のモチベーションにも繋がりますし、企業全体の利益へと直結していきますよね。
今までの働き方は、現代人の複雑なライフプランに対応できなくなっています。
柔軟性のない窮屈な企業風土は、従業員から見切られてしまうリスクがあるかもしれません。

参考URLホワイト財団
(https://jws-japan.or.jp/event/flexible-way-of-working/)

まとめ

多様な働き方を考えることは、企業自身の発展にも繋がります。
優秀な人材を確保するためにも、企業はこれから柔軟な対応ができるように整えていくでしょう。
その時に大事なのは、みなさんがどのように働きたいのか、と自らの考えを持つことです。
企業はあくまでもその選択肢を提供しているにすぎませんから、望ましい働き方を主体的に考える視点が大事になってくるでしょう。

You may also like

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2020-7-22

    定款を作成するメリットと作成しないデメリット

  2. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る