定款の目的に定めていない事業は行えない?

会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効になる絶対的記載事項と、記載しないと法的効力が得られない相対的記載事項、変更を阻止するために記載する任意的記載事項があります。

そのうち絶対的記載事項には、会社の商号、本店所在地、そして目的などがありますが、これらを変更した場合には効力発生日から2週間以内に変更登記を行う必要があります。

定款の目的以外の活動は禁止?

会社を設立するときには定款でその会社が行う事業の目的を定めますが、気になるのは定款に記載された目的以外の事業や活動はできないのかという点です。

民法では、法人は定款その他の基本約款で定められた目的の範囲内で権利を有し義務を負うとの規定があります。

ただし目的の範囲内の考え方については、定款に記載された目的自体以外にその目的を達成するために必要・有効な行為も目的に含むと考えられており、達成に必要・有効かどうかという判断についても行為の客観的な性質に即した抽象的な判断で解釈されています。

目的の範囲は広く解釈できる

事業目的に具体性は必要とされていないのが現状で、会社の目的をどの程度具体的に定めるかについては自ら判断すべき事項で審査の対象になりません。

実務的には、個別に具体的な事業を掲げて末尾に「上記各号に附帯関連する一切の事業」と記載することで取引活動の幅を広げている目的の登記も多く存在します。

具体的な記載を行わなければデメリットもある

定款の目的欄は会社の謄本を取得した際に載る事項ですので、具体的な記載を行わないことで支障が出る場合もあります。
・許可や届出の手続の際の不都合

営業の許認可には行政機関が認めることで可能となる許可、要件を満たすことで行われる認可、営業が認められる届出などがあります。

許可・認可・届出などが必要な業種を行う場合には、定款の目的に定めがあり登記されている必要があります。
・対外的に信用を得られなくなる

銀行から融資を受けたい場合、新たな取引先と取引を始めたい場合には謄本を提出することになるでしょう。

その際に本来の目的のところに記載がなければ信用してもらえるかという部分でも問題になります。

広範囲の解釈といえども、目的外行為と判断されれば取引を断られるというケースもあるかもしれません。

定款に記載された絶対的記載事項は会社の謄本に記載される事項です。

目的などに記載されていない事業を行ったとしても末尾に附帯関連する一切の事業という文言があればそれで広範囲に行うことができる状況は確保できるでしょう。

ただし対外的な信用という面や、許認可などの申請の際には記載がないことで手続きの妨げになってしまいます。

継続的に事業を実施したいのであれば定款の目的は確実に記載しておくほうが良いでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

介護離職を防ぐ先進的な取り組みを行う企業とは?... 介護離職が問題視される中でも、企業の取り組みや対策は十分とは言えない状況です。しかし大企業を中心とし...
製造業:製造業者の海外進出のリスクは?... 中小企業の製造業者が海外展開を始めるにあたり、乗り越えていくべき障壁について考えていかなくてはいけな...
海外展開!意外と知られていない撤退コストを考えよう... 海外展開をしていてもうまくいかないケースがもちろんあります。 特にこれまで日本企業が強いとされてい...
経営者は戦略的な思考が重要?~この先の未来を見据えて~... 経営者の考え方としては、戦略的な思考が重要といわれています。 しかし、経営者が持つべき戦略的な思考...
中小企業は設備投資をやるべき?徹底解説します... 中小企業において設備投資をどれほど積極的におこなうべきなのか、いつ行うべきなのかなど非常に難しい経営...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る