企業リスクを管理するためには過去事例の活用を

54bbdd1ce11887f5356271e59daa0343_s

いざ自社の「危機管理」や「リスクマネジメント」を見直そうと思っても、何から手を付けていいかわからないというと言う場合もあるでしょう。

企業で不祥事が起きる原因として、洗い出されていなかったリスクやリストアップされていなかったことが原因で起こる場合が多いのは事実です。そのためリスクの洗い出しを行う際には漏れがないことが重要になります。

リスク管理に必要なこと

会社が「危機管理」「リスクマネジメント」を実践するために必要なことに、自社で起きた事例を徹底的に分析していくことがあげられます。

自社のリスクを知る

リスクマネジメントにおいては法令を単に守るだけではなく、高度な安全や安心を確保しながら適正な手続きを行っていくことが求められます。

そのためには自社のリスクを理解し過去の事例から学んでいくことが必要です。社内アンケート、モニタリング、報告制度、監査、記録マネジメントなどを手法として取り入れていきましょう。

自社の過去事例によるリスクの確認

一度起きた会社の不祥事はもう一度起きる可能性が高いと考え、自社の過去事例はリスクマネジメントを行う上での手本となるでしょう。

まずは過去の不祥事や事件を総括していき、総括結果と対応記録を保存することが大切です。そして総括結果を社内に周知徹底していくことが必要ですので、社員には再発防止が目的で責任追及のためではないことの理解を得ることも大切です。

自社の現在のリスクを知る

現在会社にはどのようなリスクが存在しているかを確認するために、次のような方法を取り入れていきましょう。
・社内アンケート
自社が今抱えているリスクを知る方法に社内アンケートを活用する方法があります。
・報告義務
社内規定を整備し全ての役職者は、会社に損害を及ぼす危険がある事実を発見した場合にはリスク管理部署に報告する規定を設けると良いでしょう。
・ホットライン
通報制度として匿名性が保護されたホットラインを活用できる体制を整備すると良いでしょう。
・モニタリング
リスク回避のためまずは現場での状態を知ることが必要ですので、モニタリングが重要になります。定期的な現場との対話でモニタリングを実施し、リスクを確認できるようにしましょう。
・監査
現場の事情に流されることなく予告監査以外に抜き打ち監査も必要です。
・記録マネジメント
記録保存の目的は従業員それぞれが自身の正当性を証明することにあり、記録の作成担当者を置いて保存期間を明定しておくことも大切です。

リスクの拾い漏れを防ぐために

リスクは企業の業種、規模、組織構造によって異なりますが、リスクの拾い漏れを防ぐために一般的なリスクの一覧表を活用すると良いでしょう。社内におけるアンケート調査と合わせてリスクの拾い漏れを防ぐために利用しましょう。

最新の記事

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

ピックアップ記事

  1. 0021
    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s
    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s
    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s
    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054
    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
  6. 021
    マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番…
  7. 21d1f074051f1ad6eeb2371794bf75c5_s
    企業や個人、そして年代を問わずに年金に対して漠然とした不安を多くの人が抱えています。 年金制度が破…
  8. 5c9bae65656a44f69631d657e4c1de79_s
    個人情報保護に関しての考え方や方針に関する宣言とも言えるものがプライバシーポリシーです。 個人情報…
  9. 15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s
    会社の組織や運営について根本規則を定めたものが定款ですが、定款の記載事項には1つでも記載がないと無効…
  10. 53b3a0ae8bbf4ffe6902ddb31a2d881f_s
    PL法は正式名称を「製造物責任法」と言い、製品に欠陥があった場合業者の特殊な責任について定めた法律で…

話題をチェック!

  1. 0021

    2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 6600ccbc30f654464dd4e4ec37d09445_s

    2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_s

    2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 6de15d75a35569cf0bddb9321238ade1_s

    2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 054

    2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る