サブプライムローンとは?世界の経済に影響を与えた問題とは

2007年から2009年にかけて、世界の金融市場と経済を大きく混乱させた原因にサブプライムローンというものがあります。

サブプライムローンは、支払能力が低い低所得者を対象として高利で貸し付けを行った米国の住宅ローンのことです。

住宅バブルの崩壊は、住宅価格が上がり続けるといった借り手側の勘違いや住宅ローンでひと儲けしようという貸し手側の強欲、他にも証券化商品で儲けようという投資家と金融機関の強欲など様々なことが絡み合って起こりました。

 

米国の不動産バブルが崩壊

 

低所得者の信用度の低さを高金利と住宅の担保という仕組みでカバーしてハイリスク・ハイリターンな証券に変化させました。

世界中の投資家が様々な金融商品に組み込んだサブプライムローン証券へ間接的に投資をし、アメリカの不動産バブル崩壊をきっかけに滞納率は急増。

ついにはサブプライム問題、そしてリーマンショックに発展することになったのです。

 

サブプライムローンの仕組み

 

サブプライムローンは米国の住宅ローンの1つですが、たびたびクレジットカードの支払いを延滞するといったかなり信用力の低い人にも提供された住宅ローンです。

最初の借入金利を低めに設定して数年後には高金利になるといった仕組みになっていることから、住宅価格が上昇すれば住宅の担保価値が上がりさらに低金利のローンに借り換えることも可能とされていました。

しかし住宅価格は下落し金利負担が上昇して、多くの人が支払いを延滞しついには返済不能状態に陥ることとなりました。

結果として支払いが困難になった人たちは破産し、さらに失業者は増大。

あげくの果てには自分の家を失う人が増えて景気が大きく悪化しました。

 

住宅ローン、そして金融機関にも影響が

 

打撃を受けたのは個人だけではありません。ローンの焦げ付きが急増したことで約20社もの住宅ローン会社は経営破たんに追い込まれました。

ローン会社が倒産したことで資金を供給していた銀行も大きな損失を負うこととなり、銀行も連鎖倒産し金融収縮による経済の減速が始まりました。

サブプライムローンが焦げ付き金融不安をもたらした状態を「サブプライムローン問題」と呼んでいます。

 

サブプライムローンによる損失額は?

 

2008年3月に米財務省はサブプライムローンによって世界の金融機関は2,000億ドル(日本円で約20兆6000億円)の損失という集計を発表しています。

損失の2,000億ドルのうち、約1,000億ドルは米国の金融機関、約750億ドルは欧州の金融機関によるものです。

 

株安が世界に広がった理由

 

ヘッジファンドや欧米やアジアの金融機関は証券化商品を購入する形式で住宅ローン会社に資金を融資していました。

しかし住宅ローン会社がサブプライムローンの焦げ付きで倒産しはじめます。

住宅ローン会社が倒産していくことで損失を負ったヘッジファンドや金融機関は、その損失の穴埋めに保有する株式を売り始めました。

このことが原因で世界の株式市場では株安が広がることになりました。

 

世界の経済を悪化させたサブプライムローンの存在

 

21世紀型の金融恐慌とも言われているサブプライムローン問題は、長期的に見ればバブルの一種に過ぎないとも言えます。

異常なほど格付け依存の投資が実施されたことが原因で起こった問題ですので、正確なプライシングを行うべきだったと言えるでしょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

チームワークが分担作業よりも好結果を生み出す理由とは?... 人間一人の力には限界があります。 会社経営にも同じことが言え、会社の規模を大きくするには一人ですべ...
社員の長時間労働が企業に大ダメージを... 最近では社員の過労死や過労自殺が社会問題になりつつあり、企業の労働時間についての管理などへの責任が問...
マイナンバーが民間利用される?認定企業の活用方法とは?... マイナンバー制度は、税・社会保障・災害対策の行政手段で利用されることになっています。民間で活用される...
勤務間インターバル制度導入に向けた環境整備とは?... 勤務間インターバル制度をご存知でしょうか? 2017年に政府が出した働き方改革実行計画の中で長時間...
企業を取り巻く様々なリスクとは...   リスクは多方面から企業を襲う 企業を運営するにあたっては、常に様々なリスクが取り巻...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る