経営者が認知症・・・MICを発見し進行を防ぐ

企業において、経営者が高齢化してくると心配になるのが、認知症です。
認知症となり、症状が進行してしまうと経営に問題が生じてきます。
そうならないために、MCIを発見して進行を防ぐようにしたいのですが、そもそもMCIと認知症にはどういった違いがあるのでしょう?

MCIは認知症ではない

まず知っておきたいこととしては、MCIと認知症は似て非なるものだということです。
MCIは軽度認知障害というもので、認知症とは別のものとして扱われます。
しかし、MCIから認知症に進行することが多いため、認知症ではないもののその前段階として扱われます。

認知症との大きな違いとしては、MCIには判断能力が遺されているとみなされる点です。
日常的に使用しているものの固有名詞が思い出せなくなる、約束や予定がある日を忘れるなどの記憶障害が生じるものの、それほど頻繁ではなく、日常生活にも支障がない状態であれば、MCIと判断するべきです。

MCIかどうかを判断するための定義があり、まず認知症ではないということです。
そのうえで、記憶障害があることやそれを本人が自覚、あるいは周囲の家族などが指摘できること、判断能力は鈍っていても日常生活に支障はないことなどがあります。

そう判断された場合は、いずれ認知症となることを覚悟したうえで、本格的に認知症となる時期がなるべく先延ばしになるよう努めたほうがいいでしょう。
認知症となるのを完全に防ぐことはできなくても、時間的猶予を得ることができます。
具体的には、どうするべきでしょうか?

認知症を防ぐには

高齢となり、記憶力が衰えてきたと感じた場合などは認知症を疑うでしょう。
しかし、病院に行ってもまだ認知症ではないと診断された場合は、MCIの可能性を疑います。
病院でも医師からその可能性があると言われることにとなると思いますが、ただ認知症ではないからと安心はできないのです。

MCIを放置しておくと、数年以内には認知症となることが多いのですが、MCIの時点で対処を始めることで認知症となるまでの時間を引き延ばしが可能です。
また、認知症ではないので様々な法律上の契約なども可能となるため、認知症に備えた準備を始めるタイミングとしてはギリギリ間に合います。

任意後見制度などは、認知症と診断されてからは利用できないことも多いのですが、MCIの状態では判断力がまだ失われていないとされることが多いため、利用も可能なことが多いでしょう。
家族信託も同様で、認知症となると手続きはできませんがMCIの状態ならばその手続きが可能です。

MCIは、認知症を覚悟してそのための準備をする時間といえるでしょう。
経営者が認知症となってしまうと、会社の経営は様々な面で不都合が生じます。
しかし、あらかじめ自分が認知症になるからとそれに備えている人はそれほど多くありません。
ですから、このタイミングで認知症への備えをするべきなのです。

残念ながら、MCIも認知症も完治するものではありません。
しかし、しっかりとした備えをしておくことで周囲へと与える影響は最小限に抑えることができます。
いきなり認知症と診断されて、周囲が混乱するような事態となることを避けるために、まずはMCIを見逃さないようにして認知症に備えましょう。

まとめ

経営者が高齢化してくると、どうしても認知症の心配をせざるを得ません。
しかし、認知症になってからでは備えが間に合わなくなることも多いので、認知症の前段階となるMCIを見逃さないことが認知症を防ぐことにもつながります。
MCIは認知症の初期症状に似ていますが、判断能力が喪失しているわけではないため、契約などもまだ可能な状態です。
まずは早期にMCIを発見して、認知症となった時にあわてないようにしましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

ストレスチェック制度で働きやすい職場づくりを...   労働安全衛生法によって施行された制度 近年ストレス社会と言われているほど、子供から...
働き方改革における職場環境の改善に必要な視点とは?... 働き方改革における職場環境が今多くの企業で求められています。 しかし、実際どのように取り組んでいい...
倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について... 不景気に長い間悩まされていた日本ですが、最近では景気が上向きとなってきたこともあって、以前よりも倒産...
意外と見落としがちな商品構成が売上に与える影響とは?... 世の中に存在する全ての企業が商品やサービスを提供しています。 その商品やサービスの見直しってどれく...
中小企業のBCP策定の重要性は?... BCP(事業継続計画)は上場企業など規模の大きな会社のものであり、中小企業には関係がない、それほど必...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る