弁護士の【セカンドオピニオン制度】は必要なのか?

病院などにかかる際、一人の医者による診断だけではなく他の医者にも診断してもらって意見を聞いてみる、セカンドオピニオンという制度があります。
この制度ですが、最近では弁護士業界でも必要なのではないか、という意見が聞こえるようになりました。
弁護士の【セカンドオピニオン制度】は果たして必要なのでしょうか?

弁護士におけるセカンドオピニオンとは?

通常、法律について相談する場合は、弁護士を選んでその人だけに相談する事がほとんどです。
しかし、中にはその弁護士の判断が本当に正しいのか不安に思う事もあるでしょう。
そんな時に必要とされるのが、セカンドオピニオンです。

弁護士におけるセカンドオピニオンというのは、その相談内容において違う意見があるかどうかを確認することです。
法律をどう解釈して判断するかは弁護士によって異なるため、弁護士によっては見解が異なる場合もあるのです。

弁護士の違いとしては、着眼点の違いもあります。
どの弁護士も同じ点を重視しているとは限らないので、最初に相談した弁護士では無理と言われても、違う弁護士であればどうにかなった、という事もあり得ます。

また、弁護士といってもベテランの弁護士と若手の弁護士では、その経験も違うため専門的知識にも差があります。
当然、ベテランの弁護士の方が専門知識は豊富というケースが多いでしょう。

しかし、ベテランの弁護士と若手の弁護士では、料金が異なってきます。
実績も豊富なベテランの弁護士に弁護を頼んだ場合、若手よりも高くなることが多いのですが、相談だけならそこまで料金が変わらない事が多いでしょう。
そのため、若手の弁護士に相談しながらベテランの弁護士にセカンドオピニオンとして相談する事で、弁護費用を多少なりとも安くすることができる場合があります。

弁護士のセカンドオピニオンは、このような使い方をされる事が多いでしょう。

セカンドオピニオン制度のメリット・デメリットは?

セカンドオピニオン制度を利用するメリットとしては、弁護士の説明内容があります。
弁護士の説明には、どうしても法律用語などが含まれることがあるのですが、弁護士の中にはこの専門用語をかみ砕いて説明するのが苦手、という人もいます。
そのため、依頼主が説明内容を誤解していることもあるのです。

複数の弁護士に相談して、同様の内容についての説明を受けたとしても、分かりやすさが異なってきます。
同じ弁護士にもっと分かりやすく説明してくれ、というよりも、セカンドオピニオンで説明が上手な弁護士を探す方がいいでしょう。

また、弁護士と依頼主には相性があります。
相性が合う弁護士であればいいのですが、そうでなければ相談するのもストレスになることがあるので、そうならないようにセカンドオピニオンを活用しましょう。
場合によっては、他の弁護士に変える事もできるでしょう。

デメリットとして、セカンドオピニオンというのは基本的に他の法律事務所に同じ相談をしに行くという事なので、相談費用は有料となります。
単純に2回分の料金がかかりますから、コストとしては高くなります。

また、セカンドオピニオンを利用することで個人情報の流出について心配する人も多いのですが、弁護士には守秘義務があるのでその心配はないでしょう。
セカンドオピニオンを利用することで、弁護士の機嫌を損ねないかと心配する人もいますが、現在はその必要性が広く認識されているため、まずそのようなこともありません。

セカンドオピニオンの必要性を感じたら、遠慮することなく利用していきましょう。

まとめ

現在は、医療だけではなく弁護士業界においてもセカンドオピニオン制度が広まってきました。
セカンドオピニオンを利用することで、複数の弁護士からの意見を聞くことができるため、その意見に納得しやすくなるでしょう。
また、弁護士もセカンドオピニオンを利用されたからと言って機嫌を損ねる事はありませんし、守秘義務もあるので個人情報も守られます。
必要に応じて、遠慮なく利用しましょう。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

会社が倒産した時の代表者や取締役の法的責任は?... 一般的に倒産と呼ばれるものの手続きには様々な方法がありますが、その中で破産という手続きを会社が行った...
福祉・医療事業:院内感染対策の不備か経営に与える影響... 病院は安全・安心が前提に経営をされることが必要ですが、院内感染など医療事故と隣り合わせで厳しい環境に...
マイナンバー制度とは?情報漏洩リスクへの具体的な対策は?... マイナンバー制度は、住民票を有する人全てに配布される12桁の個人番号です。「税」「社会保障」「災害」...
退職金倒産!退職金規定に潜むリスク... 中小企業で考えて行く上で退職金制度を検討するケースもあるでしょう。しかし退職金原資をどの様に積み立て...
株主代表訴訟制度とは?提訴請求に対して取るべき対応は?... 株主代表訴訟とは株主が会社のために、発起人・取締役・監査役・会計参与・執行役・清算人役員など役員に対...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る