海外展開!海外と日本の会社設立方法の違いとは?

IT化が進んだことにより、日本と海外とビジネスにおける距離は非常に近くになりました。
海外にいながらでもリアルタイムで日本企業のミーティングに出席する事ができたりする時代です。
そんな中、海外での会社設立を考える方が増加傾向にあります。
そこで今回は日本と海外の会社設立方法の違いについて紹介させていただきます。

アメリカで起業する場合

世界一のビジネス国家アメリカ。
大きな夢をいただいてアメリカでの企業を模索する方も少なくないのではないでしょうか?
アメリカは日本よりも人口も多く、さらには英語圏であるためアメリカで成功すれば世界に容易に拡散できるというまさにビジネスにおいてもアメリカン・ドリームのある国です。
アメリカでの会社設立方法は、最初に会社名を決定します。
そのあと、SOS(Sacretary of State Office)へ定款登録しますが、その際に会社名・事業内容・資本金・役員名・会社住所・訴訟書類送達受領代理人・授権株式数などを記入しなければなりません。
定款登録後は、取締役を選任し1回目の取締役会の開催し、そして連邦雇用者番号(EIN)を取得します。
ここまでくれば次は起業する州での申請を行い完了です。
これをStatement of Informationと言いますが、これらはそれぞれ州によって内容が異なるためご注意ください。

タイで起業する場合

東南アジアで成長著しいタイ。
親日国家であることでも知られ、日本人も好きな方が多い国ですが、タイでの企業に方法を以下です。
タイで株式会社設立するためには、会社名や事業目的、会社住所、タイ人スタッフ4名、株主構成案などを登記簿へ記載します。
これが完了すれば、会社名を予約、発起人申請、基本定款と付属定款の登記、株式発行と払込、引き受け、創立総会などの会社登記を行う事で、ライセンスを取得することができます。
ライセンス取得後はビジネスビザ申請を行い、労働許可がおりれば営業を行うことが可能です。
また、日本から持ってくべきものとして、株主のパスポートや会社登記簿、会社設立予定地の賃貸契約書があります。また、ビザ取得のためには、英語で書かれた最終学校卒業証明書や戸籍謄本も必要になるためご注意ください。

今回はアメリカとタイの会社設立方法と紹介しましたが、ご覧いただいたように国よって方法が異なります。
国内で行なっている業種と同じ内容で進出する場合でも、現地では異なる業種になるケースもあるようですから、その辺りは慎重に調査しながら進めることをお勧めします。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 

関連記事

こんな記事も読まれています

年次有給休暇の取得が義務化?企業の行うべきこととは... 年次有給休暇をとりづらい中小企業の取得率の実態 日本の年次有給休暇の取得率は毎年50%を下回ってい...
企業が知っておきたい民法との関わりとは... 中小企業は会社法よりも民法と関わるケースが多い 株式会社だから関わりが高い法律は会社法とは限りませ...
長時間労働と労災認定との関係... 長時間労働などで労働者への負荷が慢性的になると、強いストレスで精神的疲労を抱え、うつ病など精神疾患を...
経営の危機的状況に追い込まれた時に行うべきこととは?... 企業経営を行っていれば業績の波は経験するものです。 しかし、現代は非常に変化が波へしく昨日まで好調...
落ち込んだ売り上げを立て直すのに必要な経営体質とは?... 多くの企業にとって現在の会社経営は非常に難しいと言われています。 この記事を書いているこの瞬間にも...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る