経営の見える化で競争力を強化しよう

「見える化」の言葉は近年あらゆる状況で重要視されていますが、コレは経営についても同様だと言えます。
今回は経営の見える化がもたらす効果から、なぜ今経営の見える化が必要なのかを解説させて頂きます。

経営の見える化とは?

経営には非常に幅広い業務がありますから「見える化」と言っても多くの見える化が存在します。おそらく多くの人は「経営の見える化」という言葉からは、PLやBSなどの財務諸表をつけることをイメージするでしょう。
コレ以外にも、業務プロセスや経営課題などの見える化などがあります。
これらそれぞれを見える化することは昨今の経営に置いて非常に大きな役割を持っているのです。

なぜ経営の見える化がもたらす効果とは?

これらを「見える化」させるためにはそれ相応の準備が必要です。
財務諸表の場合は数字の管理を徹底する必要がありますから、場合によっては会計ソフトやより自社とマッチする税理士との契約が必要なるかもしれません。
業務プロセスを見える化するのも、単にマニュアルを作れば良いと言う話ではありません。業務プロセスを整理する中で、無駄を省いたり、新たなITツールの導入を行ったりするかもしれません。
経営課題の見える化も同様で、課題の抽出のためには様々なデータや組織体制が必要なります。
これまで読んでいただいてご理解いただけるように、「見える化」に向けて準備をやり始めることで、経営に関わるあらゆる分野の見直しや整理を行うことになります。

経営の見える化により競争力が上がる

時代は常に変化しています。特に現代は過去に類のないスピードで変化しております。
そんな中、生き残っていける会社は「変化に対応できる会社」です。
つまり、今経営に必要なことはスピードです。
10年前と同じやり方をずっと続けていたり、ずっと同じシステムを使っているなどは非常にリスクがあることです。
そういった点で、「財務の見える化」は変化に対応するための投資や借入を行う際の根拠になりますし、「業務プロセスの見える化」は言うまでもなく製造スピードやお客様へ自社のサービスが届くまでのスピードを早くします。
「課題の見える化」は、まさに今の時代に対して自社の経営スタイルがマッチしているのかを常に考えるきっかけになります。

このように「経営の見える化」を行うことで、意思決定や製造スピードがアップし、結果的に競争力が上がる効果があるのです。
このような理由から、多くの企業が経営の見える化に取り組んでいるのです。

You may also like

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る