サ高住(サービス付き高齢者住宅)のリスクを考える!

高齢者が増えているからと、ただ単に高齢者向けの施設や住宅に投資をしてしまうという安易な考え方は失敗を招く危険性があります。
特に「サービス付き高齢者向け住宅」の開業や経営を検討する場合、長期的に利益が出る仕組みなど、市場調査をした上で設計かを確認し、建設会社に施設の建築を依頼することも必要です。
また、他の介護施設や老人ホームとの違いについても理解しておかなければ、思ったよりも集客できずに赤字経営が続くといったリスクで苦しむことになるでしょう。


高齢者は多くても要介護者はそれほど多くない?
確かに日本は高齢者人口が多く、今後もさらに増え続けることが予想されています。特別養護老人ホームへの入居を待つ待機者も多いことで、高齢者向けの施設や住宅などの運営を検討する人も増えています。
そこで要介護者をターゲットにして開業した結果、65歳の人口は多いけれど要介護者の認定を受けている人の数はそれほど多くないことが判明し、競合他社も増えて入居者が集まらずといった事態に陥るケースもあるようです。
介護施設との違いを理解しておく必要がある
特別養護老人ホームの待機者は確かに多くいます。しかしサービス付き高齢者住宅とは入居対象者が異なりますので、入居者が軽度な介護度のため介護報酬の売上が上がらないという結果を招くこともあります。

・サービス付き高齢者向け住宅とは?
サービス付き高齢者向け住宅は、住宅部分は建物賃貸借契約を締結することになります。それに希望するサービスの提供に対してサービス利用契約を別途締結するといった形です。
居住の権利が保障される中で、サービスを選択して利用するといった賃貸住宅になっています。

・特別養護老人ホームとは
一方の特別養護老人ホームは、介護老人福祉施設とも呼ばれていますが、地方自治体や社会福祉法人などが運営する公的施設です。
常に介護が必要な状態の人で比較的重度や緊急性の高い人の入居が優先されます。入居できるまでの期間は早くても数か月、長いと10年という状況で待機者数は40万人程と言われています。
人気の理由は公的施設のため低料金であることですが、多くが相部屋で民間の老人ホームと比較するとサービスは充実していないという面があります。
顧客ニーズにこたえることができるか
サービス付き高齢者向け住宅はあくまでも賃貸住宅ですので、入居者が求めるものは生活環境にいざという時にサービスを使えるとう安心感でしょう。
そのため建物外観、居室や共有部分の充実感、食事内容の満足感、医療や看護体制の充実性、職員の対応、賃料などに入居者が納得できなければ空室が増えることになると考えられます。
このようなリスクを回避するために、明確なターゲット設定、そしてコンセプトも検討した上で計画地のニーズに合うことが必要です。
充実した運営を成功させるために
地域の人の抱えている悩み、求めている住宅の形、家賃の相場、居室面積など検討が必要な材料は様々です。これらを踏まえた上で市場調査をし、運営していくことが必要となるでしょう。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

未払い残業/トラブル回避策・定額残業手当制... 契約上残業代は支払わないと取り決めているのに、労働者に未払い残業代を請求された場合には応じなくてはい...
雇用環境を考える 外国人材の受け入れ... 会社の業績を伸ばすためには、人材確保が必要だと言えます。 しかし、現在の日本では人材獲得が非常に難...
労働安全衛生法の改正でよりよい職場づくりは可能となるのか?... 労働安全衛生法の目的は、労働者が安全にそして健康を継続して働くことができることです。 それは労働災...
経営者リスク/経営者が介護状態になってしまったら?... 日本は少子高齢化が進んでおり、要介護状態になるリスクは中小企業の経営者にとっても問題になっています。...
企業活動を阻害する火災や爆発によるリスクとは... 近年の技術革新が行われ生産の効率性は飛躍的に伸びて事業が巨大化している状況です。 しかしその一方で...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る