倒産と破産の違いとは?それぞれの意味について

不景気に長い間悩まされていた日本ですが、最近では景気が上向きとなってきたこともあって、以前よりも倒産や破産といったニュースを耳にする機会は減ってきたように思えます。
ところで、倒産と破産の意味がそれぞれ異なるという事を、意識した事はあるでしょうか?
今回は、この2つの違いについて知っておきましょう。

倒産と破産の違いとは?

倒産という言葉は、企業に対してのみ使われるものですが、破産というのは企業だけではなく個人に対しても使われる場合があります。
ただしここでは、どちらも企業に対して主に使われる場合の意味について説明していきます。

企業が倒産するというのは、債務を抱えている状態で返済が滞り、事業をそのまま続けることが困難となった状態のことをいいます。
特に手形取引をしている企業の場合は、6カ月以内に不渡りが2回生じてしまったことで、銀行取引の停止処分を受けた時点で倒産とみなされます。

企業が倒産した場合、残っている資産や債務などを清算するための手続きを行わなくてはいけません。
この清算のための債務整理手段のことを破産手続きといい、手続きを行った時点でその企業は破産したと判断されることになります。

倒産後の手続き

企業が倒産した場合、その後の手続きとしてはどのようなことをしていくのでしょうか?
すでに述べた通り、破産は倒産後の手続きの一つです。
それ以外の手続きについても、説明していきます。

企業が倒産して、破産手続きを行うと、その企業が持つ法人格は消滅します。
つまりは、会社そのものが存在しなくなるということです。
しかし、倒産後に会社をなくさないようにするための方法として、民事再生や会社更生と言った手続きを選ぶ場合もあります。

例えば、倒産したものの、猶予さえあれば債務を返済できる可能性が高いという状態の企業は、破産するのではなく民事再生を選択することもあるのです。
これは、債権者がそのことを認めた上で、裁判所と債権者のチェックを受けて行われることになります。

民事再生を選択した場合、業務に就いてはそのまま継続されます。
その上で、今後どのようにして債務を返済していくかの計画書を作成し、債権者の決議によって認可してもらう必要があります。

その計画を進めている間は、計画通りに行動しているかどうかを債権者と裁判所からチェックされます。
また、新たに融資を受けることは認められません。

会社更生というのは、民事再生と同じく返済プランを作成して債権者からの認可を得て行います。
ただし、民事再生では経営陣がそのまま残るのですが、会社更生の場合は経営陣がすべて退陣することになり、また外部の専門家によって作成された返済プランに従うこととなります。

これまでの経営陣を守りながら会社を再建していく場合は民事再生を選ぶべきですが、経営陣よりも会社そのものを守るにはより強制力が強い手段を取れる会社更生が選ばれることとなります。

このどちらも認められなかった場合は、破産手続きを進めて残された資産を処分し、債権者への返済に充てることとなります。
また、倒産ではないものの経営者の意向で会社を終わらせることは廃業、廃業はしないもののしばらく業務を停止することを休業といいます。

倒産と破産の違いと、それに伴う手続きの違いについて解説しました。
最後に、倒産というのはその状態を表したものであり、法律で定められているものではありませんが、破産というのは法律で認められている債務整理手続きの一つです。
その違いを意識しておきましょう。

まとめ

倒産と破産は、似たような意味やセットになっているものとして認識されていることがありますが、その意味合いとしてはかなりの違いがあります。
倒産はあくまでその状態を示した言葉であり、破産というのは倒産した状態から行われる法的な債務整理手続きの一つです。
同様のケースで聞くことが多い、民事再生や会社更生と併せて、それぞれの意味の違いを知っておきましょう。

RelatedPost

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  10. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る