働き方改革より生き方改革が重要

みなさんは、働くことにどのような思いがありますか?
例えば、やりがいを感じたい、多くの稼ぎが欲しいということを考える人がいるでしょう。
近年は、働く環境が変化していますが、その変化についていけるかどうかが大変注目されていますよね。
今回は、働き方改革と生き方改革の関係について、解説したいと思います。

働き方改革が広まるようになった背景は?

みなさんは、近年、働き方改革といって、職場や仕事の環境を変えようとする動きがあることをご存知でしょう。
特に、大企業は率先して、現在より働く環境を良くしようと、様々な仕組みを行っていますよね。
例えば、会社に出勤しなくても仕事ができるテレワークや、副業の解禁という内容が挙げられるでしょう。
まだ、このような仕組みを導入し、実際に動いている企業は少ないかもしれませんが、活用している人も増えています。

しかし、従来の日本の典型的な働き方だと、このような環境は認められませんでした。
なぜ、新しい働き方が登場するようになったのでしょうか?
それは、長時間労働が当たり前とされていた風潮や、終身雇用で安心できるという環境がなくなってきたからという社会変化が関係しています。

昔は、与えられた仕事をこなしていれば、生活が守られるという状況でしたが、現在はちょっと違っていますので不安に感じている人もいるでしょう。
しかるべき仕事をこなしても残業をしなければ稼げない、そもそも収入が仕事量と見合っていない、やりがいが感じられないという状況があります。
このような状況では、仕事に対するモチベーションも下がってしまい、良い成果を生み出すことはできません。

そのため、企業は働く環境を自分で自由にカスタマイズしたり、ある程度の裁量を持たせたりする仕組みを導入するようになりました。
自分の好きな環境で、好きな時間に仕事ができるようになると、余計なストレスからも解放されますよね。
その結果、仕事へのモチベーションも上がりますので、企業側にとってもメリットは多いと言えるでしょう。

働き方改革の盲点~成功の根底には生き方改革が必須である~

画期的な取り組みである働き方改革ですが、みなさんは意外な盲点があることをご存知でしょうか?
それは、私たち働く側の意識です。
例えば、プライベートの時間の使い方や、自分が将来どのように生きたいのかということが挙げられるでしょう。

みなさんは、これらの質問をされた際に、具体的に答えることができるでしょうか?
実は、働き方改革を行ったとしても、私たちの生き方に対する意識が変わらなければ、十分に成功したとは言い切れません。
中には、急にプライベートの時間ができても、何をすればいいのか分からないという人もいるのです。
このような心理の背景には、やはり「言われたことを忠実にこなす」といった仕事観が関係しているかもしれませんよね。

本当の意味で制度を浸透させるためには、個人の生き方に対しても、改革をする必要があるでしょう。
周りに合わせていればいい、とりあえずやっていればいい、という感覚では、個性の発揮やモチベーションを上げることは難しいです。
どのようなライフプランを持っているかというのは、自己実現にとっても重要なポイントになりますよね。

働くことは、お金を稼ぐ手段ではあります。
しかし、これからは、どのように生きながら働きたいかということを中心にして、考えることが求められるでしょう。
そのため、働き方改革を進めるために、まずは個人の生き方に対して生き方改革を行うことが急務になるかもしれません。
みなさんは、自分の生き方をどのように考えているでしょうか?

参考URL恵比寿発、
(https://ebisu-hatsu.com/2258/)

まとめ

今回は、働き方改革と生き方改革の関係について、解説しました。
制度によって働く環境を良くしたとしても、私たち個人の意識が変わらなければ、改革は成功したとは言えません。
例えば、プライベートの時間の過ごし方でも、どのようにしたいのかを自分で決めることが、生き方の本質にも関わってきます。
長い人生をどのように生き、仕事と付き合っていくのかを考えることは、多くの人に言えることかもしれませんね。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

飲食・食品業:食品製造業が事業を継続するために必要なこと... 企業が策定している事業継続計画の多くは、自然災害への対応を想定したものです。確かに日本は自然災害や地...
企業のリスクコントロールシステム... リスクの発生は、企業を経営するうえでは避けられないものです。 しかし、そのリスクを管理していくこと...
台風被害は火災保険で補完されるのか?... 近年は各地で自然災害が発生していて、被害を身近に感じる機会が多いかもしれません。 特に台風による被...
アメリカ輸出時における製造物責任(P/L)法対策!海外展開ビジネスリス... あなたが製造業を行っており、海外輸出を行っている場合PL訴訟リスクは常に付きまといます。そこで今回は...
雇用慣行賠償責任保険のニーズが高まる背景は?... 会社経営に携わっている方々には、人知れず、こんな悩みがあるものです。 それは、最近話題になっている...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る