Windows7のサポート終了に伴うリスクはどんな事が考えられるか?

最近はパソコン関連の、ある話題で持ちきりですよね。
そう、Windows7のOSサポートの終了です。
みなさんの中にも、対象となるパソコンをお持ちの方がいるかもしれませんね。
様々な場面で告知されていますから、見かけたことのある人も多いでしょう。
今回は、サポート終了後のリスクや今後の流れについて、ご説明したいと思います。

サポート終了に伴い起こり得るリスクとは何か?

みなさんは、OSのサポートが終了すると、どのようなことになるのかを知っているでしょうか?
単純に、すべての機能が使えなくなってしまうというわけではありませんが、需要な表示として時期が近づくと出てくることがありますよね。
パソコンを毎日使っている人は、仕事で使用するための操作ができるならば、急がなくてもいいのではと思ってしまうかもしれません。

しかし、しかるべき時期に対応をしておかなければ、大変なリスクを背負ってしまう可能性があるのです。
それは、個人の話だけでは済まない可能性も十分にあり得ますよね。
その主なリスクは、セキュリティの効果が発揮できなくなる内容になるでしょう。

実は、OSには最低限のセキュリティ対策が施されています。
例えば、ウイルスを防いでくれたり、詐欺の情報が入ってこないようにしたりしてくれていますので、OSのおかげで守られていると言っても過言ではありません。
みなさんも、パソコンのプログラムを開いてみると、ウイルス対策用のプログラムを探してみて下さい。
これだけで足りない場合は、各自でソフトをインストールする形になっているでしょう。

しかし、サポートがなくなると、防御するシステムの更新がなくなりますので、本来の効果を発揮することができなくなります。
そうなると、外からの攻撃に対して、パソコンは無防備になってしまいますよね。
無防備な状態では、たくさんの攻撃を受けてしまうでしょう。
その結果、パソコンだけでなく、私たちまで被害が及んでしまうとなると、非常に困った事態になっていますよね。

このようなパソコンで作業をしたいとは、誰も思いません。
ですので、新しいOSへの手続きをしなければ、基本的なセキュリティが確保できなくなると言って良いでしょう。

個人のリスクだけに留まらない可能性も

上記のリスクは、個人でパソコンを利用しているすべての人に当てはまることになるでしょう。
しかし、セキュリティの被害は、ウイルス感染に留まりません。
なぜなら、パソコンが個人でなく、会社で使用している場合はどうでしょうか?

仕事用で使用しているパソコンの中には、仕事の重要なデータや個人情報が保存されていることがありますよね。
セキュリティが効かなくなってしまい、その重要なデータがすべて流れてしまった場合を、みなさん想像してみて下さい。
これは、一大事です。
サポートの終了に対して、適切な対応をしなかったことで発生した管理ミスになってしまうでしょう。

このように、重大なデータが流失してしまうというリスクも、サポート終了時には考えられます。
更新手続きが面倒だなと感じている人は、これらのリスクを理解した時に、どのように感じるでしょうか?
これらのリスクは、きちんとした対応を取っていれば、必ず防ぐことができるものですよね。

特に、近年は個人情報の管理に厳しい風潮がありますので、このような事情で流出してしまったとなると、大問題になってしまうでしょう。
今回の記事をご覧になった人は、OSの重要性が理解頂けたかと思います。
安全な環境で、安心して仕事をするためには、きちんとサポートの終了前OSの更新を行っておくべきですよね。
まだ更新をしていない人は、忘れないうちに早めに済ませるようにしましょう。

まとめ

今回は、Windows7のサポートが終了した際に起こり得るリスクをご説明しました。
サポートの終了したOSには、既存のプログラムを強化する更新作業がなくなってしまいます。
すると、基本的なセキュリティ対策ができなくなってしまいますので、パソコンが外部の攻撃に無防備な状態になってしまいます。
今まではサポートのお陰で安全な環境が保たれていましたから、その環境を途切れさせないよう、終了前にしっかりと更新しておきましょう。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

セクハラに対する企業が行うべき未然防止策とは... セクハラとは? セクシュアル・ハラスメント(セクハラ)は、男女雇用機会均等法で、「職場において行わ...
介護の現場/外国人受入れ問題... 平成28年11月に交付された「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」により、...
軽減税率について解説します... 消費税が、2019年10月1日から増税されて10%になります。 それが家計に与える影響から恐々とし...
運送業:残業代における労務トラブルを解決するには?... 運送業者にとってトラックドライバーから未払い残業代を請求されることは、経営において最大のリスクの1つ...
経営者リスク高齢経営者の年金受給カット... 平成27年10月から被用者年金一元化法により、以前は厚生年金と3つの共済年金に分かれていた被用者の年...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る