少子高齢化により企業が抱える問題を徹底解説します

事業運営リスク

少子高齢は日本が抱える大きな問題の一つです。
そして、企業にとってもこの問題とこれからずっと付き合っていかなければなりません。
そこで今回は少子高齢化が企業に与える影響について解説をさせて頂きます。

従業員の高齢化が進む

少子高齢化により生産年齢が減少しており、この流れは今後も止まる兆しがありません。
つまり、新人の採用難は今後ますます激化し、その一方で従業員の高齢化が加速していくでしょう。
現在65歳の定年も遅かれ早かれ70歳まで引き上げられ、より高齢者による労働が増加することは間違いありません。
つまり、少子高齢化対策の一つとして経営者が取り組むべきこととして、高齢者の活用があります。
高齢者の特徴は手に職がある一方、融通が効きにくい傾向にあります。
つまり、専門職採用のような形が最も適しているため、企業として業務の棚卸を行い、どの業務なら高齢者が最大のパフォーマンスを発揮できるかを今のうちから考え、受け入れる準備をする必要があるのです。

人材獲得競争の激化

そして、先ほども触れたように生産年齢人口の減少により人材獲得競争は今後ますます加速していきます。
また、フリーランスのような働き方の登場が競争の激化に拍車をかけているとも言えます。
そんな中必要な対応策は、働き方の多様性を認めることにあるでしょう。
例えば、これまで男性が当たり前だった業務が女性ではできないか、社員が行なっていた仕事をアルバイトでできないか、そもそも出社しなければできない仕事なのかなど、今ある仕事を改めて考える必要があるでしょう。
また、今後は一人の人間が複数の企業に勤めることが一般的になる可能性が非常に高いですから、会社組織自体もそのような流れに対応できる準備を行う必要があるでしょう。
逆に言えば、そういった先進的な取り組みを行うからこそ、人材獲得競争の中で違いを出せる一面もあるため、積極的に行っていった方が良いでしょう。

少子高齢化は企業では抗うことができませんから、うまく付き合っていく手段を見つけるしかありません。
だからこそ、そんなピンチをいかにチャンスに変えるかを考えなければなりませんし、他社も対応が遅れているからこそ大きなメリットを得ることもできます。
高齢者の活用や働き方の多様化などがもし今後の経営計画に入っていない場合は、もう一度経営計画を見直しできるだけ早く来たるべき時代に備えることでこの厳しい時代の中生き残っていくことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました