従業員の平均年齢は何歳?職場の年齢構成で受ける影響とは?

あなたの会社の平均年齢は何歳ですか?
業種や業態により平均年齢は様々ですが、どの年代の従業員が多いかによりそれが与える影響が異なります。
そこで今回は、職場の年齢構成で受ける影響の違いについて解説させて頂きます。

高齢化の進む日本企業

最初の質問の答えは何歳でしたでしょうか?
おそらく40歳以上の答えになる経営者の方が多いのではないでしょうか?
そうです。
日本企業は非常に従業員の高齢化が進んでしまっているのです。
特に中小企業の場合、40代でも若手と言われてしまうような年齢構成の企業も多く存在しているのも事実です。
では、年齢構成が高い企業はどのような影響を受けやすいでしょうか。
まずは良い影響からですが、会社は安定しやすいと言えるでしょう、
長期で付き合いのある取引先や顧客を多く抱えていることが多いため、売上の波が少なく、比較的安定している印象です。
しかし、これは悪い影響にもつながります。
それは変化に対応するスピードが遅くなりがち、という事です。
従業員の高齢化が進むほど、変化を拒み従来のやり方をやり続けてしまうケースが見受けられます。
しかし、現代は変化の時代と言って良いほど、社会が劇的に変わり続けています。
そんな中変化をしない、ついていけないことは非常にリスクと言えるでしょう。
先ほど良い影響の中で、安定しているとお伝えしましたが、同じ業界内では安定しているかもしれませんが、それまで存在していなかったような商品やサービスを引っさげて他業界からあなたの業界に参入してくる企業がいないとも言えません。
そうなれば常識が変わり、あっという間に会社は傾いてしまうでしょう。

平均年齢が高い企業が行うべきこととは?

このような悲惨な状況にならないためにも、できるだけ先手で準備をしておく必要があります。
準備の方法はたくさんあります。
一つは経営者の世代交代です。
いきなり経営者を交代しろとは言いませんが、少しずつでも次期経営者に権限譲渡を行い、未来への準備を行ってもらう必要があります。
他にも、新規事業やWEBサービスなどに力を入れる部署を作ったり、新人を積極採用したりなど多くの方法があります。

変化は拒んではいけません。
変化に適応できる動物が生き残るように、変化に対応できる企業が生き残ることができるのです。
そのための準備に時期が早いなんてことはありません。
いつその変化が来るかわからないですから、もしまだ何も手を打てていないのではれば、今すぐにでも変化に対応するための準備をスタートしていただければと思います。

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営者は経営理念をどのように従業員に伝えればいいのか?... 会社は99%社長で決まると言われていますが、その社長の考えを実現するために従業員がいます。つまり、従...
これからの経営には組織力が必要不可欠!チームワークを高めよう... 現在多くの企業が売り上げの低迷に悩まされています。 その背景には様々な要因がありますが、大きく言え...
介護の現場/経営者が介護職への理解がない... 介護現場で主役になるのは利用者、そして介護職員です。人と人との関係で構成されるため、良い介護を提供し...
危ない会社はこんな兆候がある?取引先の倒産危険信号とは?... 将来は有望だと思われていた会社でも、業績悪化で経営があっという間に立ち行かなくなりことはあります。 ...
企業経営を脅かすビジネスリスクの代表とは?... 企業を経営する上でリスクと言われるものは常に着いて回ってきます。そのため、どのようなリスクが存在して...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る