生産性を向上させるために必要なプログラム「EAP」とは

職場パフォーマンスを向上させるためのプログラム

Employee Assistance Programの略称が「EAP」で、行動科学や心理学の観点より企業と個人に職場でのパフォーマンスを向上させるための解決策を提供するプログラムのことです。従業員支援プログラムとも呼ばれています。

メンタルヘルスケアを中心としており、特に職場不適応状態に陥ってしまった社員のケアなどに利用されています。しかしEAPの本来の目的は、メンタルケアに限らず組織の生産性向上を目的としていることから、仕事でのパフォーマンスに影響する個人問題への支援を対象としています。

EAPで行われること

組織全体が健康的に機能することができるように、従業員それぞれが十分に能力を発揮していけるような支援が行われます。問題となるのは様々な職場へのストレスですが、上司や部下と関係、キャリアについての悩み、セクシャルハラスメント問題、その他夫婦や育児、介護についてなどプライベート部分での悩みまで、生産性に影響する課題の原因を見つけ出しそれと客観的に向き合いながら解決できる糸口を探していきます。

心の健康回復を行う

企業経営が複雑化しているのは経済環境が厳しく変化しているためです。それに適応するための戦略方法、組織作り、人を動かすことが必要になっていきます。EAPは現在ヒューマンリソース戦略の対策の1つとして位置づけられていますが、元々は心の健康回復を促すためのプログラムとして米国で誕生しました。

仕事や個人的な悩みなどで問題に直面した社員は、仕事に対する意欲を失いパフォーマンスを低下させます。EAPによるメンタルへルス対策では、そのような問題を早期発見し解決できるための支援を行うため企業全体の生産性の向上に繋げることができるでしょう。さらには環境の変化への適応する力を向上させ、挑戦する力をつけさせるなど社員が成長していくため施策として機能していきます。

EAPは人と企業を守るプログラム

企業を経営することは同時に様々なリスクを背にすることになります。労災認定基準の緩和により、労災訴訟で企業側が敗訴する例が相次いでいます。その中で安全配慮義務を果たしながら、訴訟が起きるリスクを回避するという危機管理の一環として大きな意味もあります。健康、経営、訴訟など、様々なリスクを低減させ、労災を未然に防止し医療コストを抑制します。また、ストレスによる疾患を予防し、早期発見が可能になることで人材損失が起きることを防止することにも繋がり、離職率や休職率が低減できます。

従業員の支援が企業の向上に繋がる

企業が目的とする生産性の向上は、従業員一人ひとりがパフォーマンスを最大化することで可能です。そのためには、従業員が抱える様々な問題を解決に導くことが必要になります。EAPはそのためのプログラムと言っても過言ではありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?... 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が...
労務リスクを考える 企業が抱えるリスクの約8割は人に関わるものです。規模に関係なく、1人でも雇用してれば労務問題を抱える...
中小企業の融資金利はどう決まる?... 金融機関から融資を受ける場合、どのような形で金利が決まるかを理解しておくようにしましょう。 まず融...
サイバー攻撃にはどんな種類があるのでしょう?... 企業が対策を考えなければいけない脅威の一つが、サイバー攻撃です。 ネットワークを通じてコンピュータ...
サイバーリスク/ネットワークとともに攻撃も進化... 企業を取り巻く環境の変化とともに、企業が備えるべきリスクというのも徐々に変化しています。 その中で...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る