教育業界:教師の生徒・児童へのわいせつ行為と学校が負う責任とは?

児童や生徒を不快にさせる、学校においての性的な言動や、教職員が学校外で行う性的な言動、いずれもセクシュアル・ハラスメントに該当します。

児童や生徒の意に反して性的言動を行い、人格の侵害や学習意欲の低下をもたらすものということになりますが、それだけでなく児童や生徒の心の傷となり成長段階における弊害になることから、許されるものではないということを十分理解しておく必要があります。
もしセクシュアル・ハラスメント問題が起きたら?
保護者や地域住民などから、学校や教職員全体に対して拭うことのできない不信感を招き、信頼回復まではかなりの年月が必要となります。
そのようなことのないように、学校では必要な対策を十分に講じておく必要があるでしょう。
セクシュアル・ハラスメントの種類
セクシュアル・ハラスメントにも種類があり、職務上の地位を利用して、雇用や修学の上で利益の対価や代償としての性的要求が行われる対価型、不利益は伴わない中で性的言動を繰り返し就業や修学環境を悪化させる環境型があります。
学校で行われるセクシュアル・ハラスメントの特徴として、拒否ができない、もしくは拒否しづらい環境の中で起こることがあります。
もしくは言動そのものがセクシュアル・ハラスメントに該当することに気が付いていないという場合もありますが、性に対する言動の受け止め方は性別や人それぞれで差があります。相手がどのように受け止めているのか注意する必要があるでしょう。
教職員が心掛けておくべきこと
日頃からどのような言動で、児童や生徒に接すれば良いのか、再度見直してみることも必要です。
自分自身がその言動をされた場合にどのように感じるか、自分の配偶者や子供がされた場合には、配偶者や親としてどのように感じるかを考えてみるようにしましょう。
軽いスキンシップや冗談のつもりが、相手にとっては性的言動と捉えられ不快な思いをしている場合もあります。
校内研修の行い方にも注意
校内で教職員の研修を行う場合には、回数や規模などの設定は一律的なルールはありません。それぞれの学校の事情を踏まえながら判断していくことが必要です。
聴くだけの研修にしてしまわずに、参加する教職員が経験や意見を述べ合うようにし、互いに理解を深めながら共通認識を持つことが大切です。
法的な責任は?
もし民事争いになった場合には、被害児童や生徒、及びその親から慰謝料が請求されることになるでしょう。
わいせつ行為を含む場合には刑事事件となる可能性もあり、淫行罪などの条例違反、児童保護等に関する法律違反罪、強制わいせつ罪などが課されることになり、懲戒処分の対象になることが考えられます。
学校ではセクシュアル・ハラスメント事象に関係する問題点などについて、整理しながら防止に向けた体制の構築を図ることが重要です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営に関するリスク/従業員からの賠償請求... 職場において上司が自分の職務上の地位や権限などを利用し、部下の人格を損ねる人格権侵害の1つであるパワ...
飲食・食品業:飲食店が食中毒を出してしまうと行政処分の対象に?... 飲食店などに対する保健所の食品衛生監視指導とは、飲食に起因する衛生上の危害が発生することを防ぐための...
マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?... マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70...
契約破棄したい時はどうすればいい?契約解除の方法とは?... 正式な手続きの上で交わされた契約には、法的拘束力が生じます。 そのため、契約がいったん成立すると基本...
誘拐や脅迫など、海外進出する企業が感じる政情不安のリスク... 日本の企業は海外進出が進んでいるため、海外事業での安全管理が注目されます。 海外の駐在員や出張者に...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る