医療の現場/医師の過労死

医療現場では長時間の勤務が当たり前のように行われており、勤務する医師が健康を害して亡くなる過労死が問題視されています。医師の過労自殺は一般労働者より多く起きており、改善するためには残業時間を規制するなど改善策が必要です。


医師はなぜ自殺してしまうのか
一般の人から見れば、医師という職業は花形で高給取り、潤った生活を送っているイメージが強いかもしれません。しかし実際には過酷な労働環境に置かれ、心身ともに疲れきっているといった状況である医師も多く存在します。
自ら命を絶つ理由には健康、勤務、経済など様々な要因が重なり合うことによる結果であると考えられますが、医師の自殺は長時間労働と責任の重さ、高い技術を要求されるといったプレッシャーなどから「うつ」を発症することが引き金になると考えられています。
特に研修が始まって1~2か月後には、なんと4割近くの人が抑うつ状態であるとも言われているようです。
年齢と性別による勤務時間の違い
勤務医の労働時間は年齢や性別でも差が生じており、20代後半の男性勤務医は週平均勤務時間が約75時間なのに、50代になれば週60時間弱で過労死ラインを下回っています。対する女性医師は男性医師より勤務時間が短時間で、20代は約70時間、40歳代になると約57時間です。
若い勤務医は医局からの指示や病院からの要請などで断り切れず、複数の勤務先で働くといった状態に陥りやすい上に、非常勤の女性医師が増えたことによる負担増大が過労をさらに拡大させているとも考えられます。
宿直勤務や研修医の扱い
医師の自殺率は一般労働者よりも高く、多くは長時間勤務が関係しています。過労で病死してしまうケースを含めた場合、毎年100人を超える医師が命を落としていると考えると大変な人数です。
宿直勤務も患者に対応していなければその時間は労働時間としてカウントされないので、何かあっても労災認定されることも少なくなっています。さらに研修医の場合は労働とすらみなされず、学習が目的なので労働時間にはカウントされないと考える病院もあるほどです。
診療科によっても負担は異なる
また、そもそも勤務医の仕事量は開業医より多く、救急や麻酔科といった一定の診療科に突発的な仕事が集中する傾向が強いと言えます。
体力や精神力など心身に負担が大きくなる外科などを希望する学生は年々低下しており、過酷な労働条件、医療事故で訴訟が起きるといったリスクなどから敬遠されがちです。
このような状況が医師不足に繋がり、働く医師の負担は大きくなってしまうと言えるでしょう。
医師の過労死を回避するために
長時間労働が当たり前にし、医師の心身に負担をかけ過労による自殺や病死という事態を起こすと考えられます。
特に勤務医や研修医、人気のない診療科での労働環境は今後も過労死を続出させるだけと言えるでしょう。多忙な診療科では医師を増員し、開業医と連携できることなど対策を講じなければ解決できない問題です。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

中小企業は設備投資をやるべき?徹底解説します... 中小企業において設備投資をどれほど積極的におこなうべきなのか、いつ行うべきなのかなど非常に難しい経営...
令和の経営に必要なのはアート思考!... 社会の状況というのは、時節ごとに大きな変貌を遂げています。 殊、経営においても、時代に乗り遅れない...
サイバーリスク/ネットワークとともに攻撃も進化... 企業を取り巻く環境の変化とともに、企業が備えるべきリスクというのも徐々に変化しています。 その中で...
介護離職を防ぐ先進的な取り組みを行う企業とは?... 介護離職が問題視される中でも、企業の取り組みや対策は十分とは言えない状況です。しかし大企業を中心とし...
クーリングオフ制度とは?事業者間での取引にも適用される?... 消費者を守るための制度 特定商取引法で規定された販売業者と一般消費者の間で締結した契約について...

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

ページ上部へ戻る