株主代表訴訟の7割は未上場の企業が占めている

株主代表訴訟は、株主が会社に代わって取締役など役員の責任を追及するための訴訟です。同族間で株を持ち合う同族企業などで良くみられる訴訟ですので、上場企業だけの問題と思ってはいけません。
株主代表訴訟の約7割は未上場の企業が占めていると言われています。中小企業は取締役会や株主総会などがしっかり行われているケースが少なく、経営に関して徹底したルールが設けられていないこともあります。
特に同族企業になると、親族間のもめ事なども合わさって裁判に発展するケースも少なくありません。


株主代表訴訟とは?
取締役が違法行為をした場合や、判断ミスで会社に損害を与えた場合に会社に代わって株主が取締役にその責任を追及する訴訟が株主代表訴訟です。
6か月以上株式を保有している株主なら誰でも取締役に対して提訴ができます。株式の保有比率は関係ありませんので、例え1株でも6か月以上株式を保有していることで提訴することが可能です。
親族間のトラブルで訴訟に発展するケースも
このように株主代表訴訟は、株主であれば誰でも起こすことができる上、訴訟費用も軽減されています。例え弁護士費用が発生しても、株主が勝訴すれば訴訟関連費用を会社に請求することが可能です。
中小企業になると、経営者の私的流用が行われやすく、社内の状況を良く知っている親族関係が提訴することが多くなることで株主が勝訴する可能性が多いといった特徴があります。
中小企業での株主代表訴訟の実態
会社資産を不当な安値で処分した場合、取締役の善管注意義務違反の責任を負うといったケースがあります。
他にも例えば代表取締役が会社所有の土地を、代表取締役が実質経営している別会社に不当に安い賃料で賃貸したことで会社が損害を被った場合にも賠償責任を負うことが考えられます。
株主総会を開催しておらず、株主総会決議を経ていない状態で役員報酬を支払ったことが違法だと訴えられ、損害賠償義務を負ったというケースも過去にあるなど、中小企業での株主代表訴訟は他にも様々な事例があることから十分に注意しておく必要があるでしょう。
会社役員賠償責任保険で備えを
このような企業の取締役など、役員個人に対する訴訟が急増しているため金銭的な負担について備えておく必要があります。
備える方法としては、「会社役員賠償責任保険(D&O保険)」に加入するという方法ですが、この保険に加入しておくことで役員個人が訴えられた時に訴訟費用や損害賠償金、弁護士費用など様々な費用が補償されます。
損害賠償請求訴訟も高額化の傾向があるため、会社の規模に関係なく十分な備えをしておくことが必要になります。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

ソーシャルメディアによる会社のリスクは?... インターネットやスマートフォンが普及した事により、日常生活にソーシャルメディアは浸透し続けています。...
福祉・医療事業:院内感染対策の不備か経営に与える影響... 病院は安全・安心が前提に経営をされることが必要ですが、院内感染など医療事故と隣り合わせで厳しい環境に...
社員の退職は予想以上にハイリスク!... 離職率や定着率に悩む経営者が多いようです。 以前よりも転職に対するマイナスのイメージが減少していた...
時間外労働時間の上限規制... 日本労働組合総連合会と日本経済団体連合会は、長時間労働に依存した企業や職場の風土や文化を根本的に見直...
少子化を促進するのは首都圏の企業?... ギリシャよりも低いと言われている日本の労働生産性。日本は勤勉な国であるため生産性が高いと考えられてい...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2018-1-31

    企業経営においてマーケティングをする必要性は?

    現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…

プレミアム記事

  1. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  2. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  3. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  4. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  5. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  6. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…
  7. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  8. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  9. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  10. マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…

話題をチェック!

  1. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  2. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  3. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  4. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
  5. 2016-11-27

    会社が倒産したら役員は責任を負うことになる?

    地震が頻発している中で、もしも大地震が発生すれば受注先や取引先とのルートが途絶え収益に影響が出て事業…
ページ上部へ戻る