食品製造業:食品産業のリスク管理を考える

まだ記憶に新しい人もいるかもしれませんが、2014年後半には食品に異物混入した事件が相次ぎメディアやインターネット、SNSなどを賑わせました。

異物混入の原因が明確にならなかったことにより、回収する商品の特定ができませんでした。
そのため全工場の生産自粛、全商品の販売中止、全工場の設備改修まで行うこととなり、生産再開まで収益がなくなって再開後も売上回復できる保証はどこにもありません。
また、別の会社で冷凍食品に異物混入が発覚しましたが、具材に使用した野菜からの混入だと原因が特定されたことによって回収商品の特定が可能となりました。
それが消費者の安心につながったため、経営的にもさほど大きなダメージを受けず事態が収束しています。
原因が特定できるかどうかで経営ダメージも変わる
このように異物混入などが発覚した場合には、原因が特定できるかによってその後の対応や経営的に受けるダメージにも大きな差が出てきます。
まずは食品産業を取り巻くリスクにはどのようなものがあり、どのようなことに対策を講じておくべきかを十分に理解しておくようにしましょう。
食品産業を取り巻くリスクとは?
食品が安全に、そして消費者が安心して手に取ることができるように、食品産業が対処すべきリスクには次のようなものがあります。
・意図的な異物や毒物の混入
本来は含まれてはいけない異物や毒物が意図的に食品に混入するというリスクがあります。例えば社会問題になった中国産冷凍ギョーザ事件はこの類型で、食品業界で最も警戒されるリスクです。

・非意図的な異物や毒物の混入
意図的ではなく非意図的に異物が混入するというリスクもあります。食品業界にとっては  最も基本的なリスクと言えるでしょう。

・消費者の不信と不安によるリスク
食品や食品産業に対して消費者が不信を持つリスクですが、消費者の不買運動や世論によって企業の命運が左右されることも決して珍しいことではありません。
食品産業におけるリスクへの取り組み
食品産業が抱えるリスクについて、次のような取り組みを講じていく必要があるでしょう。

・HACCP
食品の原料入荷から製造、出荷まで全ての工程において、事前に危害を予測して防止するための重要管理点(CCP)を特定し、継続的に監視と記録を行って異常が認められ場合には直ちに対策を講じて解決を図るというものです。製品が出来たと同時に品質保証ができますので、不良製品が出荷されることを未然に防ぐことができます。

・Traceability
食品の生産、流通、加工の段階において追跡して情報化するシステムのことです。問題が発生した時の事後対応として有効性があるシステムだと言えるでしょう。

・食品表示
原産地、原材料、食品添加物、賞味期限、消費期限、遺伝子組み換え食品など、食品品質を保証する情報源を表示することは食品製造者と消費者をつなぐ命綱とも言われます。

・食育、広告規制
日本の場合には食育基本法を背景とした食育活動があります。欧州では有効性に批判はありますが、子供向けの食品広告に関する業界の自主規制などがあります。

・異物混入防止対策
異物の混入の経路として考えられるのは、原材料、製造工程中、製品保管中の3つです。異物混入を防ぐためには、それぞれに異物が混入しないような策を講じていくことが必要となるでしょう。
食品産業に必要なリスク管理とは
食品産業はリスク管理を十分に検討しておく必要があります。異物混入など事故が起きた場合には、原因を特定できなければ多大な経営ダメージを負うことになります。
製品の製造工程の中で、どのような対策があるかを1つ1つ見極めながら十分に注意しておくことが必要です。

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

用語集

リスクの眼鏡では、記事に関する用語など簡単に解説したページを開設しております。

用語集のページはこちらへ
 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営層はサイバーセキュリティの重要性の理解が大事!... 企業にとって、サイバーリスクに備えたセキュリティを構築していくことは必要不可欠ですが、経営層の中には...
トラブルを事前に察知して、損害を最小限に食い止めよ!... 会社として取引をする際、現金払いではなく売り掛けによる取引が一般的です。 しかし残念な事に、いざ決...
契約中の火災保険の内容は?法人の様々なリスクに対応可能?... 経営を円滑にしていくためには、工場、倉庫、オフィスビル、賃貸用マンション物件など、所有している不動産...
見直しも検討?就業規則に潜む企業リスクをご存知ですか?... あなたの会社には就業規則はありますか? 就業規則とはいわば、会社のルールブックであるため作ることは...
企業のBCP(事業継続計画)の必要性とは... 災害や事故等に備えた企業が行うべき取り組み 災害や事故はいつ発生するのか、誰も予測が付きません...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…

プレミアム記事

  1. 自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  3. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで、…
  4. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  5. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  6. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  7. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  8. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  9. 団塊の世代など、会社の発展に大きく貢献して来た世代が続々と定年を迎えています。そこで問題になるのが退…
  10. 特定の企業に所属せずに自ら契約を獲得し収入を得る個人事業主ですが、働き方改革の波を受けて今後も増加傾…

話題をチェック!

  1. 2019-5-24

    自然災害に対するリスクマネジメントの方法とは?

    自然災害はいつ起こるか分からず、またその確率もごくわずかですが、いざ起こった時には多大な被害をもたら…
  2. 2019-4-5

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになるの…
  3. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  4. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  5. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
ページ上部へ戻る