マイナンバー漏洩のリスクに注意!流失したら罰則はある?

マイナンバーは国民一人ひとりに割り振られた番号です。税、社会保障、災害対策など行政手続きに使われる番号ですが、今後はさらに利用目的が拡大される可能性も否定できません。

マイナンバーは現在限定されて使用されているため、秘匿性が高いものだと言えるでしょう。そのためマイナンバーを含む特定個人情報を意図的に流出させた場合や、不正取得した場合には、厳しい罰則が用意されています。

罰則規定が適用されるのは悪意がある時のみ?
罰則については、あくまでも意図的なものや悪意のあるものに対してなので、うっかり流出させてしまった場合は罰則が準備されていません。しかし個人のプライバシーを侵害するものですので、企業としては厳重に管理を行う必要があります。

マイナンバーは厳格に規制される情報
個人情報とは、氏名、年齢、住所など個人を特定し識別することができる情報です。そのうちマイナンバーと結びつけられる個人情報は「特定個人情報」として扱われます。

特定個人情報はただの個人情報ではなく、個人情報よりもさらに秘匿性が高いものとして扱われるため、本人から同意を得ても本来の利用目的を超えた収集や保管、提供はできないことになっており、厳格に規制がされています。

民間企業に課される罰則とは?
マイナンバーが漏洩するリスクは、番号を扱う国や地方公共団体など行政だけにあるわけではありません。

民間企業のセキュリティ対策は公的機関ほど高くないことが多いので、マイナンバーが漏洩してしまうリスクは決して低くありません。

例えば社会保障や税の手続きを行う担当者からマイナンバーの情報が洩れるというリスクもあります。
・実務担当者からのマイナンバーが漏洩した場合

正当な理由なく個人情報ファイルを外部に提供した場合には、4年以下の懲役又は200万円以下の罰金、もしくは併科されます。

業務上知り得た個人情報を漏洩・盗用した場合には、3年以下の懲役又は150万円以下の罰金、もしくは併科されます。
・暴力、脅迫、恐喝でマイナンバーを取得した場合

暴力、脅迫、恐喝など実力行使でマイナンバーを取得した場合には、3年以下の懲役又は150万円以下の罰金が科せられます。
・不正に個人番号カードの交付を受けた場合

なりすましなどで不正に個人番号を取得した場合は、6か月以下の懲役又は50万円以下の罰金が科せられます。

マイナンバーが漏洩しない管理体制の構築を
マイナンバー漏洩のリスクは行政だけにあるわけではありません。民間企業でもマイナンバーの扱いを担当する者が不正を行った場合には、厳しい罰則を受けることになります。

情報の漏洩は企業の信用問題にも大きく関わることとなりますので、担当者の教育や管理体制の整備が重要になります。

 

用語集

リスクの眼鏡厳選の用語集のページを開設いたしました。

用語集はこちらへ

記事に関するご意見・ご要望をお聞かせ下さい。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新の記事

 

関連記事

こんな記事も読まれています

経営に関するリスク/納入業者の倒産... 突然納入業者などの得意先が倒産してしまった場合、その企業に対する売掛金や受取手形は回収できなくなって...
食品製造業が抱えるリスクとは?... 食品や飲料メーカーは、原材料を購入して工業規模で製造し、製品を販売して収益を得る業種です。 取引慣...
運送業:運送業では人手不足問題が深刻に... トラック運送業界は深刻な運転手不足にあります。1990年に規制緩和で新規参入が進んだことによって事業...
マイナンバーは健康保険組合に提出する書類にも必要?... マイナンバーとは日本国民一人ひとりに付与された12桁の番号のことで、平成29年1月からは健康保険組合...
海外進出における失敗しないコンサルタントの選び方とは?... 海外進出を検討する経営者が増えています。 特に成長著しい&物価の安いアジア諸国は非常に高い注目を集...

img_01 img_02 img_03 img_04 img_05 img_06 img_07
  1. 2019-4-18

    個人事業主が突然死!知っておきたい相続のこと。

    会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…

プレミアム記事

  1. 会社に勤めるのではなく、個人事業主として仕事をしている人は意外と多いのですが、その個人事業主が突然死…
  2. これまで社会の発展の原動力となっていた団塊の世代が、次々に退職を迎える時代となっています。 そこで…
  3. 会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  4. 現代企業経営は非常に複雑化しており、難しくなっていると言えます。 続々と新しいサービスが登場し、海…
  5. IT化やボーダレス社会が進むとともに企業経営は非常に複雑化するようになりました。これまでの常識が通用…
  6. 現代において人材確保に困っていない企業はほとんどないように思います。 特に地方の中小・零細企業にな…
  7. キャッシュフロー経営という言葉をご存知でしょうか? 言葉の通り、キャッシュフローを意識した経営方針…
  8. 役員が退職する際に支払われる役員退職金について、どれほどの理解があるでしょうか?役員退職金は通常の従…
  9. 中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  10. 経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…

話題をチェック!

  1. 2019-4-4

    定款の目的に定めていない事業は行えない?

    会社を興すときは、法務局で登記をする必要があります。 その際に、定款というものを提出することになる…
  2. 2016-12-7

    リスクの多様化で倒産急増中!?危ない企業の見分け方とは?

    中小企業の場合、売上を多数上げることだけに躍起となってしまうと、足元のリスクに掬われてしまう可能性が…
  3. 2016-12-4

    業務が中断すれば倒産危機!運送業の経営管理はBCPが重要

    経営資源が利用できず業務が中断してしまえばどうなるでしょう。トラック輸送が機能しないということは、原…
  4. 2016-12-3

    マイナンバー制度のデメリットとは?倒産リスクを抱える?

    マイナンバー制度導入前に国税庁が把握していた法人事業所数と社会保険の加入法人事業所数の間には、約70…
  5. 2016-11-29

    地震災害による機械製造業のリスクとは?保険での備えを

    もしも大規模地震が突発的に発生して広い範囲で震度6強が観測されたとします。機械製造業の場合には、工場…
ページ上部へ戻る